月刊「進撃の巨人」公式フィギュアコレクション発売 WIT STUDIO描き下ろしイラストもジオラマ化 | アニメ!アニメ!

月刊「進撃の巨人」公式フィギュアコレクション発売 WIT STUDIO描き下ろしイラストもジオラマ化

人気アニメ『進撃の巨人』の描き下ろしイラストをジオラマ化した『月刊「進撃の巨人」公式フィギュアコレクション』が4月8日より順次リリースされる。

ニュース
『月刊「進撃の巨人」公式フィギュアコレクション』が、4月8日よりリリースされることが発表された。12ヵ月連続で『進撃の巨人』の人気キャラクターが次々にオリジナルのフィギュアになって登場する。
目玉となるのは、フィギュアのもとになるデザインに描き下ろしイラストを使用したことだ。さらに主人公・エレンはもちろん、またこれまでリアルフィギュアとしては商品化されていなかったジャンやサシャなども登場する。ファンには待望だろう。

『月刊「進撃の巨人」公式フィギュアコレクション』はオリジナルフィギュアとマガジンがセットになっている。フィギュアは壁の前に8名が勢揃いした戦闘モードの立体機動バージョンと、エレン、リヴァイ、ミカサの3人がポーズを決めるスタンディングバージョンの2種類が登場する。
立体機動バージョンはアニメーション制作を務めたWIT STUDIOの描き下ろしイラストを元にしている。

ディテールまで精巧に再現したファン必携のアイテムとなった。とりわけジャンとサシャは今回が初のリアルフィギュア化なだけに、大きな注目を集めそうだ。
フィギュアは最終巻の超大型巨人を含めた全12体。全巻集めると壁の前で巨人と戦う兵士たちの姿が再現された大迫力の情景ジオラマが完成する仕組みとなっている。

マガジンではテレビアニメ全25話を完全解説し、30もの登場キャラクターを徹底紹介するコーナーも設けられた。初登場の場面から性格や名言まで収録し、各キャラを紹介していく。さらに原作者の諫山創さんや荒木哲郎監督へのインタビューなども収録した充実の誌面に仕上がった。
『月刊「進撃の巨人」公式フィギュアコレクション』は第1巻がエレン(立体機動バージョン)を予定。価格は1800円(税抜)で、2巻以降は毎月8日に発売される。
[高橋克則]



『月刊「進撃の巨人」公式フィギュアコレクション』
http://shingeki.net/#!/page/goods_partwork

発売日: 2015年4月8日(毎月8日発売)
価格: 本体1800円(税別)

第1巻: エレン(立体機動バージョン)
第2巻: リヴァイ(立体機動バージョン)
第3巻: ミカサ(立体機動バージョン)
第4巻: ジャン(立体機動バージョン)
第5巻: アルミン(立体機動バージョン)
第6巻: サシャ(立体機動バージョン)
第7巻: リヴァイ(スタンディングバージョン)
第8巻: ハンジ(立体機動バージョン)
第9巻: ミカサ(スタンディングバージョン)
第10巻: エルヴィン(立体機動バージョン)
第11巻: エレン(スタンディングバージョン)
第12巻: 超大型巨人
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集