ミュージカル「薄桜鬼」 藤堂平助、やんちゃ気質で無鉄砲 連載第101回 | アニメ!アニメ!

ミュージカル「薄桜鬼」 藤堂平助、やんちゃ気質で無鉄砲 連載第101回

連載・コラム

(C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会
  • (C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会
  • (C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会
  • (C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会
  • (C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会
  • (C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会
  • (C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会
  • (C)アイディアファクトリー・デザインファクトリー/ミュージカル『薄桜鬼』製作委員会
高浩美の
アニメ×ステージ&ミュージカル談義
[取材・構成: 高浩美]

■ 藤堂平助は新選組八番組長、最年少幹部、アニメ版では自ら変若水を飲んで羅刹となる

数ある2.5次元ミュージカルの中でも定番となったミュージカル『薄桜鬼』。ゲーム原作の舞台化ではもはや”老舗”の域に達している。
楽曲は佐橋俊彦。ゲームやアニメでの楽曲を使用せず、舞台版独自の楽曲で構成されている。前回公演では20分近く音楽が途切れないシーンもあり、音楽付きの芝居ではなく、本格的なミュージカルの構成である。それは回を重ねるごとに工夫をしているのがよくわかる。
また、ゲームやアニメのダイジェスト版ではなく、ミュージカルならではのシリーズ構成、つまり、原作から派生して、それが少しずつ力をつけていき、原作やアニメと”並列”になっている程の進化を遂げている。もちろん、原作も新作を出し続けている。『薄桜鬼』の総合サイトを見ると現在25ものゲームがあるが、2015年2月には新しいゲームも発売予定だ。グッズになるともう数えきれない程のアイテムである。コンテンツとしては最強の部類に入るのではないだろうか。

今回のミュージカルは藤堂平助篇。初演から持ち役にしている池田純矢が演じる。藤堂は新選組八番組長。最年少幹部である。やんちゃな気質で、戦いでも先陣を切り、真っ先に飛びつく性格である。千鶴とは歳が近いせいか、仲が良い。
アニメ版では御陵衛士を結成しようとした伊東一派と共に一度は新選組を離脱する。が、伊東暗殺後、油小路で天霧率いる薩摩藩によって窮地に追いやられていた永倉、原田達への応援に駆けつける。そこで天霧と再戦するがまたも敗れ、重傷を負ってしまう。生きるために自ら変若水を飲んで羅刹となる。
藤堂藩のご落胤なので、いわゆる”名家の出”ではあるが、存在をなかったことにされているために藩から送金されているようで、そんな自らの出生について屈折した感情があるように感じるキャラクター。そんな藤堂平助中心の今回の『薄桜鬼』なのである。
《高浩美》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集