舞台「弱虫ペダル」イベント しょっぱなからサプライズ、トークは爆笑につぐ爆笑 | アニメ!アニメ!

舞台「弱虫ペダル」イベント しょっぱなからサプライズ、トークは爆笑につぐ爆笑

イベント・レポート

  
  •   
  •  
  •  
  •  
■ 舞台「弱虫ペダル」DVD購入者限定イベント、しょっぱなからサプライズ、トークは爆笑につぐ爆笑で大盛り上がり!

コミックもアニメも舞台も疾走する『弱虫ペダル』。さる8月31日、舞台『弱虫ペダル』インターハイ篇 The Second Order DVD購入者限定イベントが日比谷公会堂で開催された。

まず、最初にイベントを楽しむための諸注意、本来ならMCがやるはずが、何故か、染谷俊之が1人で登場し、諸注意をアナウンス、し終わったら「それまで開演まで、今しばらく我慢や!」と一言、ダッシュで下手に。突然のサプライズに満席の会場は大ウケ。
それからMC登場し、今回のイベントの出演者が登場した。村井良大(小野田坂道役)、廣瀬智紀(巻島祐介役)、郷本直也(金城真護役)、滝川英治(福富寿一役)、北村諒(東堂尽八役)、宮崎秋人(新開隼人役)、染谷俊之(石垣光太郎役)、桝井賢斗(水田信行役)。登場するやいなや、会場は大きな拍手に包まれた。

早速、何故MCの“お仕事”を染谷がやったのか、という件についてトークが始まった。なんと“ジャンケン”、しかも負けたのではなく勝ったから、“男気ジャンケン”だから、だそう。なんとも楽しそうな“弱虫ペダル”の面々。
それから司会進行補佐は宮崎の担当とか。郷本によると「1ヶ月ぐらい前から“まかせて!”と言ってた」らしい。そんな楽しいトークが始まるやいなや、足下のミネラルウオーターをこぼすハプニング。宮崎がすばやくテイッシュを持ってきてなかなかの補佐ぶりに会場は笑いに。

さて、気を取り直してトーク再開。稽古中の話題になった。北村が郷本の印象を語ったが、なんと最初は「(郷本)直也さんが怖かった」そう。
しかし実際に話したら「もう、素敵な人です!」また、染谷は今回のインターハイ篇 The Second Orderからの参加で「この(『弱虫ペダル』の)表現方法は経験がなかったから、最初はついていくのが精一杯」と語った。桝井は「千秋楽まで息切れせずにいけた」、意外と余裕?で会場は笑いに。

[画像]
(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)2008/弱虫ペダル製作委員会2013
(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/マーベラス、東宝、ディー・バイ・エル・クリエイション
《高浩美》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集