井上俊次(ランティス代表取締役社長)×太田豊紀(ドワンゴ執行役員)トーク 第3回「ライブとネットで変わるアニソン」 | アニメ!アニメ!

井上俊次(ランティス代表取締役社長)×太田豊紀(ドワンゴ執行役員)トーク 第3回「ライブとネットで変わるアニソン」

インタビュー

近年、音楽業界の構造が大きく変わっている。CD販売が音楽会社を支える仕組みも大きく変わり、アーティストの演奏に直接ふれることの出来るライブが人気となっている。そしてインターネットを通じた音楽も単なる配信から様変わりしている。
これはアニメの音楽(アニソン)も同様だ。業界のトップで活躍するおふたりランティス代表取締役社の井上俊次氏とドワンゴの執行役員CPO(チーフ・プロダクツ・オフィサー)の太田豊紀氏のトークの第3回は、ライブとネットの取り組みについて伺った。業界の変化を感じさせる話が次々に飛び出した。
[取材・構成:数土直志]

ランティス /http://www.lantis.jp/
ドワンゴ / http://info.dwango.co.jp/
「animeloLIVE!」 /http://live.animelo.jp/

■ 東京五輪で小屋が足りなくなる?!ライブビューイングの可能性

-海外ではライブが難しい地域あると話しがありましたが、ライブが難しいとなると配信があります。もう一方で、コンサートのライブ・ビューイングもあります。国内、そして海外にアニソンをライブ・ビューイングで届けることは考えられていますか?

-太田豊紀氏(以下太田) 
はい、もちろん。ライブ・ビューイングでもネットでも、やれるものはやりたいですね。

-井上俊次氏(以下井上) 
たとえば、台湾でやっている公演を日本で見ていただくとか。そういうことが多くなっていくでしょうね。
話は飛びますが、オリンピックがあるということで、いろんなコンサートホール、武道館や代々木体育館も改装に入るんです。そうなると、小屋が本当に無くなってきてしまう。

-太田 
本当にないんです。

-井上 
いちばん良いのは、静岡でやったライブを東京でライブ・ビューイングを映画館で見るとか。もしくは海外でやっているものをライブ・ビューイングで東京の人たちが見るという環境になる可能性もあると思います。

-野外ライブはいかがですか?

-井上 
ランティス祭りは野外ですよね。たとえばアニメロサマーライブさんと特徴を変えるには、野外というのがランティスっぽいんです。屋台も出て、そういうムードなんですよ。
今度は東京で9月23、24、25日でやらせて頂きます。

fd

-9月のイベントはお台場の公園ですが、どのくらいの規模になりますか?

-井上 
スタンディングではなく、立ち位置指定で1万近く入ると思います。

-長さはどれくらいに?

-井上 
音止めの規制があるので終わりを決めて、たぶん5、6時間だと思います。

-相当楽しめますね。

-井上 
海外については9月に発表させていただきます。

-アニメロサマーライブは、海外の予定はありますか?

-太田 
台湾をもう1回やろうと思っています。国内の地方都市もやりたいですね。

-今まで海外の話ばかりしましたが、たしかに日本の各地のツアーも重要です。

-太田
国内だとアーティスト自身のツアーもありますので物理的に難しいんですよ。でも年に1回はどこかの地方をやりたいです。アニサマのお客さんのプロファイル見てみると、圧倒的に関東の方が多いんです。もちろん、地方、北海道から沖縄、それこそ台湾からも来ていただいているのですが、それでも8割は関東ですからね。

-さいたまスーパーアリーナみたいに大きくしないで、もうちょっとスケールを小さくして国内の各都市でやる可能性はどうですか?

-太田 
アニサマ本体だとどうしても15000とかのキャパが必要なのですが、地方だと2000、3000の会場しかないのが大変なところです。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集