井上俊次(ランティス代表取締役社長)×太田豊紀(ドワンゴ執行役員)トーク 第2回「アニソン、海外を目指す!」 | アニメ!アニメ!

井上俊次(ランティス代表取締役社長)×太田豊紀(ドワンゴ執行役員)トーク 第2回「アニソン、海外を目指す!」

インタビュー

アニメの音楽=アニソンの今について、業界のトップで活躍するおふたりであるランティス代表取締役社長の井上俊次氏とドワンゴ執行役員CPO(チーフ・プロダクツ・オフィサー)の太田豊紀氏にトークしていただく第2回。今回は、アニソンと海外について話していただいた。
日本のアニソンは本当に海外で人気があるのか?その状況は?海外ファンのためになにができるのか?

海外に向けた活動も積極的なお二方だけに、今後海外のファンに向けてしなければいけないことも明確なビジョンを持たれている様子だった。第2回「アニソン、海外を目指す!」をお届けする。
[取材・構成:数土直志]

ランティス /http://www.lantis.jp/
ドワンゴ / http://info.dwango.co.jp/
「animeloLIVE!」 /http://live.animelo.jp/ 

■ 海外のアニソン人気、次のステップはきちんとしたかたちでライブを見てもらうこと

-先に海外の話が出ましたが、やはりアニソンは海外で人気があると考えていいのですか。

-太田豊紀氏(以下太田) 
間違いなく人気はあります。ただ、人気の深さ、届いているアニソンのジャンル、そういうものは地域によって違います。アジアは、日本と同じタイミングで同じものが流行っています。遠いブラジルですと戦隊ものなど、むしろ昔の日本で流行ったものが大人気というイメージです。

-井上俊次氏(以下井上)
そうですね。ブラジルは15年前の日本みたいな感じです。これから変わっていくとは思います。

-太田
アニメはネットで早く観られるようになってきたので、パッケージや吹き替えを待つこともないですよね。今は放送直後に字幕付きで配信されますからね。

-その時に日本との感性の違いやズレはないと?

-太田
ないと思いますね。ズレはもともと日本の中にもあります(笑)。アニメを見ない層はいますから。
もちろん文化的な面で若干違うこともあります。たとえば中国の学園生活は日本と違うので、中国の方は日本のアニメの学園生活を憧れとして見ているという話も聞いています。

-アニメロサマーライブは海外展開を見据えていると、以前、太田さんにお伺いしました。一方で、ランティスさんもランティス祭りを海外に展開させていこうとしています。これは重なっているのですか? それとも別々の動きなのですか?

-太田
別々ですけど、情報交換はさせて頂いている感じです(笑)。

abesan-井上 
太田さんとは、中国でどうやってアニソンのイベントをできるか、もう少し風通しをよくできるかを、いろいろ話しましたね。チームになっていろいろ活動をしていたんです。
中国にもファンがいらっしゃるので、その人たちにちゃんと伝えたいと。ここで止めないで、自分たちでできることをする。太田さんはアニサマというかたちでやられますが、たぶんいい関係になりますよね。

-ソニーミュージックさんも、アニメ・フェスティバル・アジアで海外に出ています。皆さんが同じことを同じ時に考えるのは、何か流れがあるのでしょうか?

-太田
これまでは海外マーケットを北米、ヨーロッパを中心に考えていたのですが、今はアジアが注目されているという事実はあると思います。アジアの単価が上がってきていますから。

-井上
ランティスにも中期計画の重点施策があって、そのひとつが海外のアニソンファンにアニソンを伝道するというものです。まだ仲々ビジネスにはなりませんが、呼ばれたらきっちり行って、歌ってくるのをテーマにしているんです。

-海外の方はライブで見られることが大変うれしいと思います。

-井上
この間、日本のスタッフを連れてアメリカのアニメボストンに行ってきたんです。ちゃんとバンドも連れて総人数30人くらいできちんとしたかたちで見せてくる。それが次につながっていくと思うんです。
2015年はランティス祭りを海外でやらせて頂きます。日本のランティス祭りのスタッフを連れて、ちゃんとした音響や照明があるなかで見ていただく。
イベントのなかで歌わせてもらうのは数多くやってきましたので、これが僕たちの次のステップです。伝えに行くのが一番大事です。ファンの人たちに満足してもらって、終わってちゃんと握手をして、サイン会もやって帰ってくる。皆さんがアジアに注目しているのはあると思います。

-確かにイベントで呼ばれるのと、ランティスのブランドを持っていくのは、大きな違いですね。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集