「X-MEN:フューチャー&パスト」 NYで超巨大、グローバル・プレミア開催 | アニメ!アニメ!

「X-MEN:フューチャー&パスト」 NYで超巨大、グローバル・プレミア開催

イベント・レポート

(c) 2014 Twentieth Century Fox
  • (c) 2014 Twentieth Century Fox
  • (c) 2014 Twentieth Century Fox
  • (c) 2014 Twentieth Century Fox
  • (c) 2014 Twentieth Century Fox
  • (c) 2014 Twentieth Century Fox
  • (c) 2014 Twentieth Century Fox
  • (c) 2014 Twentieth Century Fox
  • (c) 2014 Twentieth Century Fox
国内では5月30日に全国公開となる「X-MEN」シリーズ最新作『X-MEN:フューチャー&パスト』の熱気が世界中で高まっている。ロードーショーを前に、5月10日にニューヨークでグローバル・プレミアが開催された。
会場となったのは、ニューヨークのマンハッタンに位置する巨大な国際展示会場のジェイコブ・ジャヴィッツ・コンベンションセンターである。ジャヴィッツセンターは米国を代表する大型施設で、サッカーグラウンド8面分以上という6万平米の展示スペースを誇る。ここで映画のプレミアを開催するのは異例だ。

当日会場には、徹夜組含めて約2000名ファンが集結した。なかにはコスプレ姿のファンもおり、本作のワールドワイドで高い人気を見せつけた。世界各国から赴いたメディアは60媒体以上、記者、カメラマンの数は300名以上に達した。
ジャヴィッツセンターには、今回異例のふたつのカーペットが設けられた。ひとつはマスコミ用にブラックカーペット、もうひとつはファン用のレッドカーペットである。マスコミ用はテレビに登場し、また雑誌やウェブサイトを飾る写真の撮影のためである。ファン用は、カーペットを歩くキャスト、スタッフ陣がファンとの交流をするためのものである。通常のプレミアでは出演者を遠巻きに眺めることが多いが、今回はここで公開を待ちきれない多くのファンが熱く盛り上った。

レッド・カーペットに姿をみせたのは、ウルヴァリン役のヒュー・ジャックマン、ミスティーク役のジェニファー・ローレンス、マグニートー役のマイケル・ファスベンダーをはじめとする総勢18名にも及んだ。さらにファムケ・ヤンセンら旧三部作のメイン・キャストも登場し、シリーズのファンの喝采を浴びた。
現地時間19時にスタートしたブラック・カーペットイベントの後に、グローバル・プレミアがスタート。ここでスタッフとキャストが一同に会しての舞台挨拶を行った。そして、このプレミアを皮切りに、本作PRの為のグローバル・ツアーがスタートがスタートする。世界各地で、その姿を目にすることになりそうだ。

そして日本では5月27日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズでジャパン・プレミアが行われる。主演のヒュー・ジャックマンの来日も予定されている。当日は大きな旋風を巻き起こしそうだ。
そしてあとは、日本公開を待つばかりだ。

『X-MEN:フューチャー&パスト』
5月30日(金) TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー
/http://www.foxmovies.jp/xmen/

[プレミアでのキャストコメント]

ヒュー・ジャックマン(ウルヴァリン役)
「『X-MEN』シリーズの中で最大規模のプレミアだね。熱狂の渦だよ。(映画は)スペクタクルとしても最大級、今作がX-MENの真骨頂だよ。たくさんのキャラクター、そして所々にサプライズも潜んでいる。誰もが圧倒されると思う。
もし『X-MEN』シリーズを見たことがない人でも恐がらないでほしい。すぐにのめり込んでしまうからね。最高傑作だ」

ジェニファー・ローレンス(ミスティーク役)
「今夜の規模はすごいわね。今まで経験したことがないわ。なんたって、シアターじゃなくてコンベンションセンターですもの。クレイジーだわ」

マイケル・ファスベンダー(マグニートー役)
「多くの登場人物、未来と過去など多くの時間軸が入り混じり、並行して物語が進んでいくんだけど、観客を混乱させずに、明確にストーリーを指し示すことができる映画になった」

ジェームズ・マカヴォイ(プロフェッサーX役)
「ファンの狂信的な支持は一体なぜなのか分からなかったけど、ここ数年でなんとなくわかってきた。今夜が『X-MEN』シリーズ最大のプレミアだね。ファンのサポートの強さをよく感じられる。とても光栄です」

パトリック・スチュワート(プロフェッサーX役)
「ジャヴィッツ・センターで、何千人ものファンとひと時を過ごしていますが、ここにいる全ての人が今夜初めて今作を観ることになる。素晴らしい行事だよ。とにかく素晴らしい」

監督/製作: ブライアン・シンガー
出演: ヒュー・ジャックマン、ジェニファー・ローレンス、
ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、
ハル・ベリー、イアン・マッケラン、パトリック・スチュワート、
アンナ・パキン、エレン・ペイジ、ピーター・ディンクレイジ
配給: 20世紀フォックス映画
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集