「ルパン三世」は宝塚歌劇団を盗んでいきました 2015年雪組上演ラインナップに“ルパン三世” | アニメ!アニメ!

「ルパン三世」は宝塚歌劇団を盗んでいきました 2015年雪組上演ラインナップに“ルパン三世”

ニュース

名探偵コナンとの劇場映画での共演、小栗旬さん主演の実写版劇場映画の今年8月公開と、『ルパン三世』を巡る話題がこれまで以上に盛り上がっている。そうしたなかで5月9日に、設立から100周年を迎えた宝塚歌劇団の最新ラインナップにミュージカル『ルパン三世』が発表された。
ミュージカル『ルパン三世』は雪組の公演として、2015年の1月から3月まで宝塚大劇場、東京宝塚劇場にて上演される。雪組トップスターへの昇格が決まっている早霧せいなさんと咲妃みゆさんが主演する。ミュージカル『ルパン三世』と併せて、ファンタスティック・ショー『ファンシー・ガイ!』が上演される。

宝塚歌劇団によればミュージカル『ルパン三世』は、ルパン三世、次元大介、石川五ェ門、峰不二子、銭形警部らの多彩なキャラクターが活躍する恋とロマンあふれる冒険活劇として描く。
華やかな演出で定評のある宝塚歌劇団が、お馴染みのルパン三世一味をどんな風に演じ、表現するのか注目だ。宝塚ファンだけでなく、幅広いファンから人気を呼ぶに違いない。

宝塚歌劇団は1914年に設立、女性だけで構成されており、世代超えたファンに長年愛され続けているのはよく知られたところだ。様々な原作を独自の演出で舞台にするのは得意とするところで、マンガ原作では空前のブームを起こした『ベルサイユのばら』が有名である。このほか『オルフェウスの窓』、『メイちゃんの執事』などの舞台もある。
今回はモンキー・パンチさん原作の青年マンガの舞台化で意外感を与えるが、青年マンガ原作を取り上げるのは2012年の『JIN -仁-』に続いている。また、2010年代に入り、ゲーム原作の『逆転裁判』や『戦国BASARA』、SF小説に基づく『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』など、新たな路線を意欲的に開拓している。ミュージカル『ルパン三世』は、100年目を迎えた宝塚歌劇団のそんな挑戦のひとつになる。

宝塚歌劇団
/http://kageki.hankyu.co.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集