「アメイジング・スパイダーマン2」世界興収3億6900万ドル突破 | アニメ!アニメ!

「アメイジング・スパイダーマン2」世界興収3億6900万ドル突破

ニュース

日本でも4月25日に全国公開された映画『アメイジング・スパイダーマン2』が、世界の映画市場を賑わせている。公開以来、世界各国で好調なセールスを獲得している。
5月2日には全米のほか、インドや中国などビッグマーケットでロードショーとなった。これで一気に興行が拡大、大きな記録を打ち立てている。

『アメイジング・スパイダーマン2』は、まず4月第3週にイギリス、ドイツ、メキシコなど14カ国7427スクリーンで先行公開された。多くの国々で週末成績第一位の成績を収めた。
全米では3日間の興行成績が9200万ドル、米国以外での興行収入の累計は2億7700万ドル、世界興行収入は一気に3億6900万ドルに達している。
2014年のNo.1のオープニング記録となったのは、インド、チリ、エジプト、香港、ブラジル、インドネシア、ケニア、クエート、マレーシア、フィリピン、カタール、シンガポール、タイ、アラブ首長国連邦の14カ国にも及ぶ。

その中でも、とりわけインドで絶大な支持を集めている。前作『アメイジング・スパイダーマン』を抜いて690万ドルの歴代ハリウッド映画NO.1のオープニングとなった。中国でも世界最大規模の11002スクリーンで公開し、平日単日記録の1000万ドルを樹立している。
もちろん日本でも好評だ。公開12日目で19億7101万円の興行収入を収め、前作の公開12日目の成績17億7800万円を越えた。
またIMAXの高稼働も世界的な動向と言える。全米では930万ドル、インターナショナルでは1570万ドル、日本でも全興収の1割に当たる約2億円をIMAXが稼ぎ出している。『アメイジング・スパイダーマン2』のさらなる記録更新に期待したい。

『アメイジング・スパイダーマン2』は監督マーク・ウェブが続投。さらにスパイダーマンの敵が3人も出現する怒濤の展開が繰り広げられている。
[高橋克則]

『アメイジング・スパイダーマン2』
/http://www.amazing-spiderman.jp/
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集