劇場版「ペルソナ3」、見どころは友情と主人公の成長─秋田谷典昭監督、裏話や制作秘話を語る | アニメ!アニメ!

劇場版「ペルソナ3」、見どころは友情と主人公の成長─秋田谷典昭監督、裏話や制作秘話を語る

ニュース

[インサイドより転載:/インサイド]

2006年にPlayStation2にて発売された『ペルソナ3』は、7年ぶりという時間を感じさせな高い人気と評価を獲得し、後日談が収録された『ペルソナ3フェス』や、女性主人公の追加という大胆な新要素を加えたPSP版のリリースなど、意欲的な展開を見せました。

そして今月11月23日には、『ペルソナ3』を原作とした劇場版アニメとなる「PERSONA3 THE MOVIE #1 Spring of Birth」が公開となりますが、それに先駆ける形で、先日関係者向けの試写会が行われました。
ゲームの中で展開されていた物語や戦闘などが、アニメーションという表現を得て生まれ変わった映像体験は、まさに圧巻の一言。視聴した関係者にとって、時間を忘れるひとときとなりました。

その試写会終了後、本作の制作を指揮した秋田谷典昭監督に時間を割いていただき、貴重な生の声を伺うことができたので、こちらで紹介させていただきます。

劇場版「ペルソナ3」公式サイト
/http://www.P3M.jp/



■試写会終了直後の秋田谷監督に、直撃インタビュー

──試写会が終わってお疲れのところ、申し訳ありません。まずは、試写会を終えたばかりの、率直な心境をお聞かせください。

秋田谷典昭監督(以下秋田谷監督)
正直、ホッとしています。ですが、多くの方に見てもらう劇場公開はこれからなので、同時に緊張もありますね。

──監督として、本作に関わることになった経緯を教えてください。

秋田谷監督
『ペルソナ』シリーズのアニメ化としては、先にTVアニメ「ペルソナ4」(以下P4A)がありまして。最初は、そちらの監督をされた岸 誠二さんが担当し、自分はサブ的に入るものと思っていたのですが「では今日から君が監督だ」「えっ?」という感じで(笑)驚きと共にバトンを受け継ぎました。が、このシリーズは『女神転生』のころから大好きだったので、念願が叶いました。

──ゲームの主人公という存在を、劇場版の「結城 理(ゆうき まこと)」という一個人として創り上げるに当たり、注意した点や意識した部分などはありますか?

秋田谷監督
ゲームとアニメの違いといえば、ゲームは自分で(主人公に)名前を付け、自分の選択肢がストーリーに関わるという参加型のものですが、アニメはそういうひとりひとりのニーズに応えることはできないという点があり、見せ方の違いは出てくるなと最初から思っていました。
なので主人公に関して、ゲームファンにとってのマス的なものを踏まえようと意識しつつも、平均値だけ取っても個性がなくなってしまうので、性格付けには非常に時間をかけました。


(C)Index Corporation/劇場版「ペルソナ3」製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集