C3 in Hong Kong2014 来場者数が過去最大の18万2000人  | アニメ!アニメ!

C3 in Hong Kong2014 来場者数が過去最大の18万2000人 

ニュース

3月14日から16日まで、香港コンベンション&エキシビジョンセンターにて開催されたC3 in Hong  Kong(日本動玩博覧)2014の来場数が、過去最高の18万2000人に達した。また、出展企業も過去最多の50社となっている。このうち日本企業が40社、現地企業が10社となる。
C3 in Hong Kongは日本のアニメ、マンガなどにフォーカス、2009年にスタートした。以降、継続的に開催、今回で5回目を迎える。日本からの多くの企業が参加し、マンガ家やアニメの制作スタッフ、声優、アーティストなどが訪れることもあり人気を呼んでいる。

来場者数はハイピッチで拡大している。2009年には5万1000人だったが、2011年が8万5000人、2012年12万3000人、2013年には前年比20%増の14万7700人まで達した。さらに今年は、前年比23%増の18万2000人にもなった。
イベントはもともと日本でもアニメやマンガ、ホビーのファンに人気の「キャラホビ C3×HOBBY」のブランドを海外に展開するものだった。しかし、来場者数では2013年のキャラホビの6万5000人を大きく上回る。
この規模は、海外の日本アニメ・マンガの大型イベントとして知られるフランス・パリのジャパンエキスポの23万3000人、米国・ロサンゼルスのアニメエキスポ16万人に匹敵する。また、シンガポールのアニメフェスティバル・アジア(AFA)の8万5000人を大きく上回る。世界を代表するイベントのひとつと言っていいだろう。

C3 in Hong Kongが、他の多くの海外アニメイベントと異なるのは、日本企業主導の色合いが濃いことである。主催は日本のアニメ企画・製作会社の創通が中心となっている。出展企業の8割が日本企業というのも他にない特徴だろう。
これがイベントの強みとなり、日本からの豪華なゲストにもつながっている。期間中、会場には『ラブライブ!』μ’sのメンバーやSKE48、影山ヒロノブさん、石川千晶さん、池田秀一さん、浅沼晋太郎さん、小松未可子さんほか、多数のアーティスト、声優が姿をみせた。
さらにKADOKAWAが国内外に向けたマンガ配信の新サービス「コミックウォーカー」を紹介するイベントを実施した。またバンダイによる最新トイ、フィギュアの紹介なども行われた。
ファンとのコミュニケーションの場であると同時に、新しい作品や商品、イベントプロモーションとしての役割も大きい。日本のアニメ・マンガ関連企業には、アジアを中心とした海外ビジネスへの進出を掲げる場所が少なくない。C3 in Hong Kongは、今後のアジアでのアニメビジネスの拠点としての役割も期待されそうだ。

C3 in HongKong 2014(C3日本動玩博覧2014)
/http://www.c3hk.com.hk/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • C3 in Hong Kong、2014年も開催 来場者数は15万人を目標 画像 C3 in Hong Kong、2014年も開催 来場者数は15万人を目標
  • クールなガンダムアパレル「STRICT-G」 香港のC3日本動玩博覽初出展 画像 クールなガンダムアパレル「STRICT-G」 香港のC3日本動玩博覽初出展
  • 香港に再び人気アニメが集合 C3 in HongKong 2011開催 画像 香港に再び人気アニメが集合 C3 in HongKong 2011開催

特集