「世界名作劇場」枠、キッズステーションの日曜日夜に 完全新作のオープニングも制作 | アニメ!アニメ!

「世界名作劇場」枠、キッズステーションの日曜日夜に 完全新作のオープニングも制作

ニュース

キッズステーションは、2014年5月より日曜日夜に「キッズステーション 世界名作劇場」と名付けた放送枠を設ける。放送される作品は、『ロミオの青い空』、『母をたずねて三千里』の2作品だ。いずれもかつて日本アニメーションが、世界名作劇場シリーズとして製作したテレビアニメシリーズである。
世界名作劇場は1970年代から1980年代に、ファミリーで楽しめるアニメとして幅広い世代から人気を博した。『フランダースの犬』や『赤毛のアン』、『母をたずねて三千里』など文字どおり数々の名作を生み出している。

「キッズステーション 世界名作劇場」は、「世界名作劇場」が2015年1月に放送開始から40周年を迎えたのに合わせた。名作アニメの志を受け継ぐものとなっている。放送時間もかつての世界名作劇場と同じ日曜日夜に定められていることからもファミリーで観て欲しいとの思いが伝わって来る。
今回は『ロミオの青い空』は初めてデジタルリマスターHD版での放送ともなる。こちらも注目したいところだ。

番組は再放送ながら、「キッズステーション 世界名作劇場」としての独自の企画も盛り込んでいる。今回のために新しい新作オープング映像を制作した。ラスカルやパトラッシュ、マルコ、セーラなど、シリーズの人気キャラクターたちが共演する楽しいものになる。
映像はシリーズを制作してきた日本アニメーションが、今回も制作する。監督は佐藤好春さんが担当した。佐藤さんは「世界名作劇場」では数々の作品の原画やキャラクターデザインを手掛けた。シリーズでは欠かせない顔だ。また、スタジオジブリの『となりのトトロ』、『魔女の宅急便』などの作画監督も務めた。ベテランとして知られる佐藤さんの仕事は往年のファンにも楽しいに違いない。

キッスステージョンでは、放送開始を記念して、プレゼント企画も実施する。プレゼント商品も世界名作劇場にちなんでいる。『赤毛のアン Blu-rayメモリアルボックス』や『ロミオの青い空』のイラスト入りサイン色紙などが当たる。

「キッズステーション 世界名作劇場」
/http://www.kids-station.com/tv/pages/sekaimeisaku.aspx
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集