ロンドンにX-MENの痛列車?! X-MENトレイン初披露に ヒュー・ジャックマンもびっくり | アニメ!アニメ!

ロンドンにX-MENの痛列車?! X-MENトレイン初披露に ヒュー・ジャックマンもびっくり

ニュース

「X-MEN」シリーズ最新作『X-MEN:フューチャー&パスト』が5月30日に公開される。その公開に先駆けて、ヒュー・ジャックマンとジェームズ・マカヴォイがロンドンのユーストン駅にて開催されたイベントに参加した。

ヒューとジェームズのイベント参加は、『X-MEN:フューチャー&パスト』の各キャラクターをデザインに取り入れたヴァージン・トレインが初披露されるためでもあった。この日ユーストン駅に、11車両編成の特別電車が登場した。駅の16番ホームが特別にX番ホーム(Platform X)に変わり、「X-MEN:フューチャー&パスト」と正式に命名されたX-MENトレインが到着した。
今回の企画は、映画と同様に、乗客にタイムトラベルのようなスピーディーな旅を提供というコンセプトのもと実現した。普段見慣れた駅の変貌に、ロンドンっ子も驚いたに違いない。

ヒューは、ウルヴァリンの姿が載った車両を見て「昔の自分から考えてみると、自分の電車に乗るなんてことは遠い遠い夢の話のよう。18歳の頃は電車の中で住んでいたようなものだったよ(笑)」と、若き頃の自分を思い出しながら事の凄さを実感していた。
そしてジェームズが一等車で登場すると「彼は一等車で私は随分後ろにいるなんて最適な判断だよ。ワイルドだね(笑)」とジョークを飛ばし、会場は笑いに包まれた。
ジェームズも電車のデザインに自身の姿を見つけると「夜中に出てきて勝手に電車を落書きした気分。息子に言ったらすごく喜んでくれました」と感想をもらした。

さらに公開も迫ってきた作品ついて聞かれると、ヒューは「スケールの大きい作品。これまでにない規模だと思う。面白くて壮大で、皆様に予想以上の感動を届けられると思う」、ジェームズは「とにかく最高!視覚的にも感情的にも壮大さを感じられる。キャラクターや関係性にも大きな感動があります」と力強くアピールした。

『X-MEN:フューチャー&パスト』は、全世界で2300億円以上の興行成績を上げている「X-MEN」シリーズの最新作だ。これまでの作品を上回るアクション大作を目指す。
地球滅亡へのカウントダウンが迫る中、未来と過去の2つの時代を舞台に究極のオールスターチームが、史上最強の敵との最終決戦に挑む。X-MENたちの新たな戦に期待したい。
[真狩祐志]

『X-MEN:フューチャー&パスト』
/http://www.foxmovies.jp/xmen/
5月30日(金) TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「X-MEN」シリーズ最新作 剛力彩芽が日本語吹替で参戦 画像 「X-MEN」シリーズ最新作 剛力彩芽が日本語吹替で参戦
  • 「X-MEN」最新作5月30日公開決定 製作費・約2億5千万ドルで描くシリーズ集大成 画像 「X-MEN」最新作5月30日公開決定 製作費・約2億5千万ドルで描くシリーズ集大成
  • 映画「X-MEN」最新作の邦題決定 「X-MEN:フューチャー&パスト」2014年全国公開 画像 映画「X-MEN」最新作の邦題決定 「X-MEN:フューチャー&パスト」2014年全国公開

特集