総制作費50億のオンラインゲーム「ブレイドアンドソウル」 TVアニメ放送情報など一挙発表 | アニメ!アニメ!

総制作費50億のオンラインゲーム「ブレイドアンドソウル」 TVアニメ放送情報など一挙発表

総制作費50億円、アジア地域で大ヒットの『ブレイドアンドソウル』が、この春に日本に上陸する。日本ならではの展開はテレビアニメとの連動であろう。

ニュース
(c)NCSOFT・Blade&Soulアニメ製作委員会
  • (c)NCSOFT・Blade&Soulアニメ製作委員会
  • Blade&Soul(R) is a registered trademark of NCSOFT Corporation.(C) 2014 NCSOFT Corporation. 
総制作費50億円、アジア地域で大ヒットとなった新作オンラインRPG『ブレイドアンドソウル』が、いよいよこの春に日本に上陸する。2014年5月16日にオープントライアル、5月20日に正式サービスにインする。
大型ゲームに相応しく、複数のメディアを横につないだプロジェクト展開もビッグである。ノベライズやウェブラジオ、そして日本ならではの展開はテレビアニメとの連動であろう。3月8日、東京・ビッグサイトTFTホールで『ブレイドアンドソウル』の制作発表会が開催され、アニメを含む日本での本作の展開が一挙に明らかにされた。

発表会は、ジン・ヴァレル役の悠木碧さん、エル・カレン役の大原さやかさん、ジン・ハズキ役の雨宮天さん、ダン・ロアナ役の高垣彩陽さんをはじめとするキャスト陣、そして制作スタッフと豪華なものになった。本作に対する意気込みの大きさを感じさせる。
発表はオンラインRPGに関するもの、テレビアニメの発表、そのノベライズなどの3パートに分けられる。オンラインRPGについては、リリーススケジュールとゲームの内容が中心となった。

テレビアニメは、放送情報が大きなトピックスである。4月3日深夜のTBSをスタートに、MBS、CBC、RKB、HBC、BS-TBS、TBSチャンネル1(CS)などが決定した。さらにスタッフ情報、キャスト情報も追加された。
アニメ制作は『ラストエグザイル-銀翼のファム-』や『君のいる町』が担当する。ゲームのアニメ化には実績が多いGONZOだけに、本作にも期待がかかる。
監督は『モーレツ宇宙海賊』や『舞-HiME』の作画で知られる竹内浩志さん、『STEINS;GATE』の浜崎博嗣さんのふたりが務める。さらにシリーズ構成に「ポケットモンスター」シリーズの冨岡淳広さん、キャラクターデザインに長田絵里さんと実力派を多く起用する。

本作の主人公は、女剣士アルカだ。彼女は、師匠ホンを殺されたことへの「掟による復讐」の旅を続けていた。その仇は、謎の力「濁気」を操る女・ジン・ヴァレルだった。
アルカは旅の途中で、歌舞と武術の達人カレン、酒好きで銃マニアのハズキ、盗賊団の女頭領ロアナと出会う。やがて3 人と奇妙な縁で結ばれながら、行く先々で人々と出会いや別れを繰り返す。

テレビアニメ『ブレイドアンドソウル』
/http://www.tbs.co.jp/anime/blade/
公式Twitter:bns_official_jp

[あらすじ]
「一撃必殺の技を武器に、鮮やかに敵を倒す女剣士アルカ。旅をするアルカの目的は、師匠ホンを殺されたことへの「掟による復讐」だ。
仇は、謎の力「濁気」を操る女、ジン・ヴァレル。ジンは感情を見せず冷酷無比に人の命を奪う魔物のような存在だが、アルカもまた暗殺集団「剱一族」の者として、感情を殺し「仕事」を完璧に遂行することに特化して育てられており、2 人は似た者同士であった。
旅の中、3 人の女傑と出会うアルカ。歌舞と武術の達人カレン、酒好きで銃マニアのハズキ、盗賊団の女頭領ロアナ。この3 人と奇妙な縁で結ばれながら、行く先々で人々と出会い別れるうちに、ホンが遺した教えを思い出していくアルカ。
ホンは、ある運命を背負って生を受けたアルカに力の使い方を教える立場でありながら、同時にアルカに一族の掟から解放されて欲しいと願っていた。
徐々にホンの教えの意味を悟っていくアルカ。アルカの中で、何かが変わり始めていく。」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集