極上ボーイズラブ第1位に「どうしても触れたくない」 イーブックがBLユーザーに調査 | アニメ!アニメ!

極上ボーイズラブ第1位に「どうしても触れたくない」 イーブックがBLユーザーに調査

電子書籍販売サイト eBookJapanの調査によれば、イーブック読者のユーザーが選んだボーイズラブ(BL)人気第1位は、ヨネダコウさんの『どうしても触れたくない』だった。

ニュース
BLにハマったきっかけ
  • BLにハマったきっかけ
  • BLにハマった年齢
  • BL歴
  • 好きなジャンル
  • 好きな受けと攻め
電子書籍販売サイト eBookJapanの調査によれば、イーブック読者のユーザーが選んだボーイズラブ(BL)人気第1位は、ヨネダコウさんの『どうしても触れたくない』だった。これは eBookJapanは、BL好きユーザーを対象に行った調査によるものだ。
eBookJapanは、人気作品のほか、「ベストオブ攻」や「ベストオブ受」などのキャラクター別、テーマ別のランキング結果も明かしている。さらに読者コメントなども紹介し、BL作品の人気について探っている。

BLとは「Boys Love」の略で、男性同士の恋愛を描いたマンガや小説のジャンルを指す。eBookJapanでも多くのBL作品が支持を集めていることから、2013年11月から12月までの一ヶ月間アンケート調査を実施した。
極上BL部門の第1位を獲得した『どうしても触れたくない』は、2008年9月に著者初の商業単行本として発行され、一躍注目を集めた。過去の恋愛でトラウマを持つ主人公・嶋と、新しい職場の上司・外川が織り成す、切なく臆病なラブストーリーである。
ユーザーからは「主人公のいじらしさが病みつきになります。話の構成も骨太だと思いました。(30代女性)」や「これは…圧倒的にちがう!!と泣きながら読んだ作品。(20代女性)」など絶賛の声が寄せられた。

「ベストオブ攻」には『ファインダーシリーズ』(やまねあやの著)の麻見隆一が選ばれた。圧倒的なフェロモンが魅力的なキャラクターで「俺様感といい肉体美といい。文句なしです。(40代男性)」と男性ユーザーも絶賛している。
一方「ベストオブ受」は『憂鬱な朝』(日高ショーコ著)の桂木智之が輝いた。「美形でクールで厳しい性格なのに時々ベッドで妙に積極的なのが萌えます!(40代女性)」など、ポーカーフェイスから滲みでる色香がユーザーを魅了した。

またBLユーザー自身についての調査も興味深い。BLにハマった年齢は10代が約4割と最も多く、思春期にBLと出会ってしまったことが大きな要因のようだ。そしてBL歴が10年以上というベテラン勢が約半数を占めていることから、BL業界の安定ぶりも窺えた。
好きなジャンルは「リーマン・社会人」が最も多く、次いで「学園・学生」となった。好きな受けと攻めでは、「年下攻め」が一番人気で、「ツンデレ受け」「俺様攻め」とそれに続く。だが、どれもさほど差がないことから、幅広い属性が受け入れられていることがわかった。
[高橋克則]

eBookJapan BLアンケート調査結果
/http://www.ebookjapan.jp/ebj/special/bl_enquete.asp

My Best BL 極上BL20選 
第1位 『どうしても触れたくない』 (ヨネダコウ)
第2位 『同級生/卒業生』 (中村明日美子)
第3位 『SEX PISTOLS』 (寿たらこ)
第4位 『花は咲くか』 (日高ショーコ)
第5位 『憂鬱な朝』 (日高ショーコ)
第6位 『どうしようもないけれど』 (夏目イサク))
第7位 『飴色パラドックス』 (夏目イサク)
第8位 『恋する暴君』 (高永ひなこ)
第9位 『ファインダーシリーズ』 (やまねあやの)
第10位 『是―ZE―』 (志水ゆき)
第11位 『生徒会長に忠告』 (門地かおり)
第12位 『いとしの猫っ毛』 (雲田はるこ)
第13位 『窮鼠はチーズの夢を見る/俎上の鯉は二度跳ねる』 (水城せとな)
第14位 『アイツの大本命』 (田中鈴木)
第15位 『セブンデイズ』 (作画:宝井理人 原作:橘紅緒)
第16位 『NightS』 (ヨネダコウ)
第17位 『スメルズ ライク グリーン スピリット』 (永井三郎)
第18位 『そして続きがあるのなら/帰らなくてもいいのだけれど』 (内田カヲル)
第19位 『ひとりじめボーイフレンド/ひとりじめマイヒーロー』 (ありいめめこ)
第20位 『年下彼氏の恋愛管理癖』 (桜日梯子)
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集