「クルードさんちのはじめての冒険」 ドリームワークスの新作アニメで“絵が上手くなる” | アニメ!アニメ!

「クルードさんちのはじめての冒険」 ドリームワークスの新作アニメで“絵が上手くなる”

ニュース

2013年3月に全米公開した『クルードさんちのはじめての冒険』(『The Croods』)が、いよいよ日本にも上陸した。11月20日に、20世紀FOXよりBlu-rayとDVDがリリースされた。
本作は数々の大ヒット作を創り出してきたドリームワークス・アニメーションが、『ヒックとドラゴン』のクリス・サンダースの監督、脚本、原案で製作するアドベンチャー・エンターテイメントである。世界30ヵ国で初登場1位を獲得し、米国での興収は1億8700万ドル、世界興収は5億8700万ドルというメガヒット作品だ。第86回米国アカデミー賞長編アニメーション賞の有力候補ともされている。

日本では、劇場公開はなく、今回発売されたBlu-rayとDVDが初出となる。ファンにとっては待ちに待った登場と言っていいだろう。
一方、ここだけの限定特典もあり、興味深い内容になっている。楽しい特典映像の数々だ。映像特典として、「ベルトの洞穴日記」、「未公開シーン集」、「オリジナル劇場予告編」、「スペシャル・プレビュー」などを収録する。
さらにBlu-rayディスク限定特典映像に、「原始時代のゆかいな生き物たち」、「生き物たちを描いてみよう」がある。

とりわけ注目したいのは、「生き物たちをかいてみよう」だ。本作のアニメーション統括のショーン・セクストンが登場し、見るだけで絵が上手くなってしまう描き方講座を繰り広げる。
原始時代を舞台とした本作は、個性豊かな動物たちが登場している点も大きな魅力だ。特典映像では、この猿のような生き物・ベルト、サーベルタイガーとコンゴウインコを掛け合わせた架空の生き物・オウムトラ、ネズミとゾウを掛け合わせたネズゾウなどの描き方を、アニメーターが伝授する。
複雑なフォルムの動物たちを描くのは一見とても難しそうだが、ポイントをゆっくり紹介しているため映像を観ながら一緒に描くことができる。

今回は、絵心はないという本作の宣伝スタッフが描いたネズゾウの画像も公開されている。特徴を上手く捉えたキュートなイラストに仕上がっている。
絵に自信がなかった人にとって、うってつけの特典となった。本作の可愛らしい絵を描いて、周囲の人たちを驚かせてみるのも面白いだろう。
[高橋克則]



『クルードさんちのはじめての冒険』
11月20日Blu-ray&DVD発売&レンタル開始
/http://video.foxjapan.com/release/croods/

価格
3D・2D Blu-ray&DVD: 5990円
Blu-ray&DVD: 4100円
DVD: 3490円(全て税込)
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集