その物語は7年前に始まっていた─ 劇場版「ペルソナ3」へと至る『P3』と『P4』の紡いだ道程 | アニメ!アニメ!

その物語は7年前に始まっていた─ 劇場版「ペルソナ3」へと至る『P3』と『P4』の紡いだ道程

ニュース

[インサイドより転載:/インサイド]

本のRPGシリーズは、ファンタジーを主体としたものが比較的多く、必然的に息の長いシリーズもファンタジー関連の作品が目立ちます。そんな中、現代日本を舞台とし、思春期の少年少女の成長にスポットを当てるという、RPGシリーズでは珍しい切り口ながらも、その発想や確かな完成度が多くのユーザーを魅了した作品に『ペルソナ』というシリーズがあります。

■シリーズファンから新規まで幅広いユーザーが魅了された『ペルソナ3』

特に2006年7月13日に発売されたPS2向けソフト『ペルソナ3』(以下P3)は、その魅力を更に進化させ、本シリーズの知名度を一段と高めました。

シリーズ作品というのは、続けば続くほどコアなファンが増え新作に対しての賛否両論が出がちですが、ペルソナ同士を合体させることで新たなペルソナを作り出せる「ペルソナ合体」や、『真・女神転生III』の「プレスターンバトル」を進化させたシステムが搭載されるなど、過去作の長所を貪欲に取り込んでもおり、多くのユーザーを魅了しました。

また『P3』は、これまでのシリーズとは趣の異なる面も多々組み込みました。顕著な例としては、約1年というゲーム内での時間経過に合わせて様々な事件が起こったり、イベントが発生したりするなど、より「学生としての日常」に重きを置いた作りとなっている点です。これは、RPGシリーズとしては最新作である『ペルソナ4』にも引き継がれており、今現在の『ペルソナ』シリーズの基礎のひとつとも言えるかもしれません。

この他にも『P3』では、「タルタロス」と呼ばれる巨大なダンジョンの塔を登っていくのが特徴。またペルソナ能力も、主人公を除き、これまでのような付け替えは出来ず、同一のものを使い続けて本人の成長と共にペルソナも強くなっていくというスタイルが採用されています。これにより、唯一自在にペルソナを付け替えられる主人公の立ち回りがより重要性を増すと同時に、プレイヤーの投影対象になりやすい主人公の特異性が強調されて、よりゲームに没頭しやすくなっています。

また『P3』では、コミュニケーションにより重きを置き、仲間や校内の学生だけでなく、老若男女様々な立場の相手と、時には直接、時にはネット越しにその絆を深めていくことができます。この人間関係の経験を積むことで、主人公は文字通り成長していくため、欠かせない見どころのひとつとなります。

■ 『P3』のEpisode AegisとPORTABLE

『P3』では、ある出来事をきっかけにペルソナ能力に目覚めた主人公が、生徒会長が部長を務める特別課外活動部に参加することとなり、昼は学園生活の中でコミュニケーションを深め、夜は「影時間」に姿を現すシャドウと相対しながら、紡がれる物語が描かれました。

さらに、その後日談となる「Episode Aegis」を収録した追加ディスク『ペルソナ3 フェス』が翌年に発売。衝撃的なエピローグの後を語る物語だけでなく、「Episode Yourself」と名付けられた本編にも改善点や新要素が加わっており、新規イベントの追加や新ペルソナの導入など、見逃せない点が数多く用意されています。

さらにその本編をベースに、一部の演出を機種に合わせて最適化させた『ペルソナ3ポータブル』がPSPでリリース。しかもこちらは、大胆にも女性主人公という要素を追加しており、それに伴いコミュニティの内容なども一部変更するという、刺激たっぷり内容となっています。

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集