人気声優をキャスティングしてアニメをつくれるアプリがすごい | アニメ!アニメ!

人気声優をキャスティングしてアニメをつくれるアプリがすごい

ニュース

[ニュース提供:/KAI-YOU.net]

アニメーション制作会社のXEBECとコミック専門出版社のマッグガーデンが、共同でスマートフォンアプリ「キャスティングプロデューサー」を企画・開発していることが発表された。アプリは12月6日(金)に配信を予定している。

■ 人気声優をキャスティング! 新感覚アニメーションアプリ

「キャスティングプロデューサー」は、文字通りプレイヤーがキャスティングプロデューサーとなり、声優を5人のキャラクターそれぞれにキャスティングし、アニメーションをつくることができるアプリ。アニメファンなら誰でも一度は考えるであろう、「このキャラクターをあの声優さんにやって欲しい」「この声優さんにはこんな役をやって欲しい」という気持ちに応えるようなアプリになっている。

キャスティングできるのは以下5名の人気声優。

柿原徹也さん
『天元突破グレンラガン』シモン役、『機動戦士ガンダムUC』アンジェロ・ザウパー役など
小林ゆうさん
『STEINS;GATE』漆原るか役、『進撃の巨人』サシャ・ブラウス役など
立花慎之介さん
『世界一初恋』吉野千秋役、『イナズマイレブン』立向居勇気役など
鳥海浩輔さん
『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%』愛島セシル役、『薄桜鬼』斎藤一役など
羽多野渉さん
『FAIRY TAIL』ガジル・レッドフォックス役、『パパのいうことを聞きなさい!』瀬川祐太役など

XEBECの取締役であり、アニメーション監督の羽原信義さんのTwitterでのコメントによると、この5名の声優さんが5人のキャラすべてを演じ分けているとのこと。

アニメーションを『這いよれ!ニャル子さん』や『To LOVEる -とらぶる-』などを制作したXEBECが担当し、キャラクター原案はマッグガーデンより発行の『モノクロームファクター』の空廼カイリさんが担当。映像とキャラクター開発、2社の特徴・強みを活かしたアプリとなった。

■ オレ様系、クール眼鏡系、ロールキャベツ系……!? 気になるストーリー

キャスティングした声優たちが演じるのは、こんなストーリー。
“17歳の高校一年生・江藤 彩(えとう あや)は長い休学を明け、久しぶりに学校へ登校していた。登校途中、オレ様系生徒会長・篁 永星(たかむら ながせ)、クール眼鏡系書記・神苑 流河(かみぞの るか)、ロールキャベツ系会計・矢沢 洸太(やざわ こうた)、超絶美少女(?)監査・矢沢 瑞季(やざわ みずき)の生徒会役員達と出会った彩。この出会いが、彩の運命を大きく変えることに―――。”
プレスリリースより

また、男女5名の声優がすべてのキャラクターを演じ分けている、と上述したが、ストーリーのあらすじやキャラクターのビジュアルを見るに、男性が女性キャラを、女性が男性キャラを演じることになりそうだ。一体どんな演技を見せてくれるのか、こちらも楽しみなところ。
なお、アプリはサンプルが無料、ワンセット(400円)でキャラクターとキャストが固定で、オールセット(1,200円)を購入するとキャスティングを行うことができる。

キャスティングプロデューサー
/http://casting-producer.com/

この記事を書いた人: たかはしさとみ


[ニュース提供:/KAI-YOU.net]
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集