圧倒的クオリティで作られた「攻殻機動隊ARISE border:2」 スタッフ・キャスト陣による舞台挨拶 | アニメ!アニメ!

圧倒的クオリティで作られた「攻殻機動隊ARISE border:2」 スタッフ・キャスト陣による舞台挨拶

イベント・レポート

『攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers』完成披露上映会
  • 『攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers』完成披露上映会
  • 黄瀬和哉さん
  • 冲方丁さん
  • 竹内敦志さん
  • 松田健一郎
  • 中國卓郎さん
  • 石川光久さん
  • (C)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
11月18日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて『攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers』の完成披露上映会と舞台挨拶が行われた。border:1が興行収入1億円以上の大ヒットスタートを記録、いよいよ待望の第二弾が11月30日(土)より劇場上映となる。
舞台挨拶に登壇したのは、黄瀬和哉さん(総監督・キャラクターデザイン)、冲方丁さん(シリーズ構成・脚本)、竹内敦志さん(border:2監督)、松田健一郎さん(バトー役)、中國卓郎さん(サイトー役)、石川光久さん(製作総指揮)の6名だ。

総監督の黄瀬さん、脚本の冲方さんそれぞれが「非常に楽しんで頂ける作品」と絶賛する本作について、登壇者がそれぞれ感じる「border:2 Ghost Whispers」への手応え、現在の心境を語った。
「プロダクションIGを設立して25年以上経ちますが、ベストのアクション映画。本作を作ってくれたスタッフを本当に褒めたい。世界では、この映像を実写で作ろうと追いかけてきている。」と石川社長は話し、本作の映像への力強い自信を覗かせた。
本作にて監督を努めた竹内さんは「内容的には背伸びをした作品。クリエイターや色々な方々のお力でここまでこれた。楽しんで頂けたらと思います。」と作品完成への感動を隠しきれない様子だった。

スタッフ陣の自信溢れるコメントを受け、攻殻機動隊のアフレコ現場についてたずねられたキャストの二人。
バトーを演じた松田さんは「個人的な想い入れもあり、border:1の頃から、キャラがこれでいいのかとスタジオに入るまで迷いに迷った。border:2では更に、ソガ役の沢木郁也さんが養成所時代の師匠と言うこともあり特別感のある現場でした。」と、アフレコ現場でも劇中のソガとバトーのように『上官と部下』といった心持ちであったようだ。
サイトー役の中國さんは「アフレコ現場で公安9課のメンバーと喋ってみて何とかなったらいいな、というくらいの気持ちで、楽しすぎてあっという間であんまり覚えてないんです。ですので、border:3楽しみにしています!先走り過ぎですかね(笑)」と会場の笑いを誘っていた。
また、イシカワ役を演じ、10月10日に50歳という若さで亡くなった檀臣幸さんについて、キャスティングを担当した黄瀬さんは「壇さんだけ別録りで見に行けず、悔やまれる」とコメント。

竹内監督は壇さんの収録に立ち会い、「2話からの登場を楽しみにしています、という壇さんのコメントが印象深く残っています。ピッタリはまっていたので、壇さんが次の話で登場することを楽しみにしていただけに残念です。」と故人の早すぎる死を惜しんだ。
最後に石川社長より、「border:2は圧倒的なクオリティで作った作品です。border:1で温め、border:2でお客さんの気持ちを鷲掴みにし、border:3で本当の意味でのARISEを作ろうと、冲方丁が作家生命をかけて、黄瀬和哉がアニメーター・監督生命をかけてborder:3を作っています。どうか心待ちにして頂ければと思います。」とファンへは期待を煽り、スタッフ陣にはプレッシャーをかけ締めくくった。

『攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers』
2013年11月30日(土) 全国劇場公開
/http://kokaku-a.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集