ELISA、シンガポールで7曲を熱唱 超満員3500人のオーディエンスを魅了 | アニメ!アニメ!

ELISA、シンガポールで7曲を熱唱 超満員3500人のオーディエンスを魅了

ニュース

2013年6月に一年半ぶりにアーティスト活動を開催、以来、目覚ましい活躍を続けるELISAが、再び海外でも活動を開始した。11月8日から10日まで、3日間にわたりシンガポールのサンテック・コンベンション&エキジビションホールにて開催された東南アジア最大の日本アニメイベントであるアニメフェスティバル・アジア(ANIME FESTIVAL ASIA) 2013に出演した。
ELISAが登場したのは、最終日11月10日夜に開催された「ヴァルヴレイヴナイト」である。『革命機ヴァルヴレイヴ』にゆかりの4組のアーティストである。ELISA、angela、T.M.Revolution、水樹奈々と日本のトップアーティストによるライブは、熱狂的な盛り上がりとなった。

ELISAにとっては初となりシンガポールでのライブだが、ステージでは日本同様の熱いパフォーマンスとなった。「ヴァルヴレイヴナイト」ということもあり、やはり注目されたのは最新シングル「REALISM」である。オペラやソプラノの歌唱法を大胆に取り入れた曲で、 この10月から『革命機ヴァルヴレイヴ』の3rdエンディングテーマに起用された話題の曲だ。
さらに『ヴァルヴレイヴ』2ndエンディングテーマになった「そばにいるよ」も含めて全7曲を披露した。日本のファンにもお馴染みの抜群の歌唱力、堂々のパフォーマンス、さらに英語を交えたMCも観客から大きな声援を受けた。

アニメフェスティバル・アジアは、毎年シンガポールで開催されている。今年9回目を迎えるが、東南アジア最大の日本アニメイベントとして知られている。アーティストライブは、その目玉のひとつ。日本のトップアーティストが数多く出演し人気を集める。
ELISAはそうした舞台で、日本の音楽、アニメの海外発信に大きな役割を果たした。国内では2014年1月に、東京と大阪でのソロライブ“「E’ tone♪」Vol.2 ~アコースティックSTAGE~”の開催も予定されている。今後のさらなる活躍が期待されている。

アニメフェスティバル・アジア(Anime Festival Asia) 2013
/http://www.animefestival.asia/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集