「環境問題をテーマのアニメをつくろう」 ソニーの映像技術でキッズ向けワークショップ | アニメ!アニメ!

「環境問題をテーマのアニメをつくろう」 ソニーの映像技術でキッズ向けワークショップ

お台場のサイエンスミュージアム「ソニー・エクスプローラサイエンス」にて、アニメーションのワークショップが開催される。「環境問題を考えながら、映像の仕組みを体験しよう」だ。

ニュース
「アニメーション・ワークショップ」
  • 「アニメーション・ワークショップ」
  • 「アニメーション・ワークショップ」
  • 「アニメーション・ワークショップ」
  • 「アニメーション・ワークショップ」
東京・お台場のサイエンスミュージアム「ソニー・エクスプローラサイエンス」にて、少し変わったアニメーションのワークショップが開催される。11月17日小学校1年生から6年生を対象にした「アニメーション・ワークショップ ~環境問題を考えながら、映像の仕組みを体験しよう~」だ。
「ソニー・エクスプローラサイエンス」はソニーによる体験型施設で、東京・お台場で様々な科学や技術を子どもたちが学べる場となっている。実際に様々な体験をしながら学べるのが特徴である。

今回のワークショップは、ソニーの映像技術を体験ながら、アニメーションの仕組みを学び、さらに環境問題を考えるといものだ。
参加者は、グループに分かれてクレイアニメーションを制作する。粘土を用いたコマ撮りアニメーションに挑戦する。
映像のテーマは、「リサイクル・資源」である。ワークショップに参加することで、チームワークの大切さや環境問題の現状と対策を知ることが出来る。制作に用いるのはソニー製品に応用されている最新の映像技術である。

講師は、東京造形大学・デザイン学科教授の山際康之さんが務める。また、同大学の学生スタッフも協力する。
当日は、山際教授からの環境問題についてまず講義する。さらにソニーの最新映像技術を体験、アニメーションの制作、発表となる。
会場はソニー・エクスプローラサイエンス内のサイエンスシアター。定員は30名、参加費は無料である。ただし、入場には大人500円、小人300円が必要となる。参加希望者は、事前に公式サイトから応募する。締め切りは11月7日、応募者多数の場合は抽選が行われる。
[真狩祐志]

ソニー・エクスプローラサイエンス
/http://www.sonyexplorascience.jp/ 

アニメーション・ワークショップ ~環境問題を考えながら、映像の仕組みを体験しよう~
期間: 2013年11月17日(日) 13時~17時
会場: ソニー・エクスプローラサイエンス内 サイエンスシアター
参加者: 小学1~6年生の児童 30名
参加費用: 無料(別途入場料大人500円、小人300円が必要)
ソニー・エクスプローラサイエンス ホームページから申込
応募締切り: 2013年11月7日(木)
※応募者多数の場合は抽選
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集