米国アカデミー賞受賞・加藤久仁生のオムニバス「情景」 恵比寿で2日間無料上映会 | アニメ!アニメ!

米国アカデミー賞受賞・加藤久仁生のオムニバス「情景」 恵比寿で2日間無料上映会

加藤久仁生さんの近作が『情景』が、一般向けに無料公開されることになった。10月12日と13日の2日間、東京・渋谷区の恵比寿ガーデンプレイスで上映される。

ニュース
『情景』
  • 『情景』
  • 『つみきのいえ』
加藤久仁生さんが2008年に発表した短編アニメーション『つみきのいえ』が、アヌシー国際アニメーション映画祭グランプリ、米国アカデミー賞短編アニメーション最優秀賞に輝いたのは、まだ記憶に新しいだろう。その加藤久仁生さんの近作が『情景』だ。
『情景』は、「休日」、「雪」、「ポタージュ」、「朝」、「あいつ」、「昼寝」、「カーテンコール」の全7話のエピソードで構成されたオムニバス作品である。2011年より約2年間に渡り、全国5ヶ所の美術館を巡回した展覧会・加藤久仁生展でのみ上映をした。

本作が、一般向けに無料公開されることになった。10月12日と13日の2日間、東京・渋谷区の恵比寿ガーデンプレイスで開催されるジャンル複合型イベント「恵比寿文化祭2013」で上映する。
恵比寿文化祭は今年で3回目を迎える、サッポロ不動産開発が主催する。恵比寿の街の発展や地域振興を目指し、アートや音楽、ダンス、ファッション、映像などの様々な分野の催しを展開する。

恵比寿文化祭2013では、加藤久仁生さんが所属する映像会社ROBOT が映像分野で企画協力している。地域の映像会社として、地元に貢献する。そこで珠玉のオリジナルアニメーションを集めて、無料で上映する。
加藤久仁生作品だけなく、ROBOTが制作した作品群を一挙に公開する。アニメーション作家・坂井治さん、稲葉卓也さんの短編、映像ディレクター・新井風愉の短編なども紹介する。日常のちょっとした疑問や質問に対して歌いながら教えてくれる短編アニメーション「みんなのぶた」シリーズなど、大人から子どもまで楽しめそうだ。

各作品は約10~20分となっている。上映時間は13時半から20時45分までを予定している。それぞれの上映回数は限られているため、お目当ての作品がある場合は、事前に時間を確認するほうがよいだろう。

恵比寿文化祭2013 特設イベントページ
/http://gardenplace.jp/special/1310festival/index.html

[上映プログラム] (※10月12日・13日とも共通)
13:30~  菊池久志 『太陽と星空のサーカス』(約10分)
14:00~  ブブー・スリー 『みんなのぶた』(約10分)
14:30~  坂井治 『NO RAIN NO RAINBOW』 ほか2作品(約15分)
15:00~  新井風愉 『つながるのうた』 ほか2作品(約11分)
16:00~  <トークショー> 書籍「うんちくんとうんちくじいさん」(約30分)
17:00~  加藤久仁生 『或る旅人の日記』 (約16分)
17:30~  加藤久仁生 『つみきのいえ』 (約13分) + 『情景』 (約8分)
18:00~  稲葉卓也 『kuro』(約7分)+ 新作『ゴールデンタイム』予告篇
18:30~  坂井治 『NO RAIN NO RAINBOW』 ほか2作品 (約15分)
19:00~  新井風愉 『つながるのうた』 ほか2作品 (約11分)
19:30~  加藤久仁生 『或る旅人の日記』 (約16分)
20:00~  加藤久仁生 『つみきのいえ』 (約13分)+ 『情景』 (約8分)
20:30~  菊池久志 『太陽と星空のサーカス』 (約10分)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集