「宇宙戦艦ヤマト2199」EDでメジャーデビュー 安田レイ、さいたまスーパーアリーナで初ライブ | アニメ!アニメ!

「宇宙戦艦ヤマト2199」EDでメジャーデビュー 安田レイ、さいたまスーパーアリーナで初ライブ

ニュース

テレビ放送中のアニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』の7月のエンディングテーマは、安田レイさんが歌う「Best of my Love」だ。総累計35000ダウンロード、YouTubeでのミュージックビデオ再生回数65万回突破、6月度有線問い合わせチャート1位などを記録する。早くも大ヒットを予感させる。
その安田レイさんの人生初ライブが決定した。8月31日、さいたまスーパーアリーナで開催される「東京ガールズコレクション・A/W」におけるステージである。

安田レイさんは、実は以前からこのイベントの出演を望んでいたという。若い女性に大人気のイベントで、オープニングアクトを務める。
安田さんは今回の決定について、「夢を見てるような、信じられないというか、とても不思議な気持ちになりました。とにかく楽しんで、聴いてる人にハピネスを届けたいです!」と意気込みを語っている。

また、『宇宙戦艦ヤマト2199』のエンディングテーマ「Best of my Love」を期にメジャーデビューした安田レイさんは、実はモデルのローズ・レイチェルさんであったも明らかになった。アニメファンと音楽ファンの双方に刺激を与える。
ローズ・レイチェルさんは、「Heavenly Star」などのヒット曲で知られる元気ロケッツのLumiの1人としても活躍してきた。「Heavenly Star」はゲームプロデューサーの水口哲也さんが担当していたPSP用のゲーム『Lumines II』で使用するために誕生した楽曲で、元気ロケッツはそのために結成されたのがキッカケだった。
Lumiは宮原永海さんの声との合成であったお。安田レイさんの生の声が披露されるのは、初となる。それだけにどのようなステージになるのか注目だ。
[真狩祐志]

安田レイ
/http://www.yasudarei.net/
《真狩祐志》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集