片渕須直監督が特別講演 広島・比治山大学で、当日限定 片渕須直 WORKS展も | アニメ!アニメ!

片渕須直監督が特別講演 広島・比治山大学で、当日限定 片渕須直 WORKS展も

ニュース

広島の比治山大学短期大学部美術科は、9月1日に特別講演「アニメーション監督 片渕須直の世界」を行う。『アリーテ姫』や『ブラック・ラグーン』、『マイマイ新子と千年の魔法』など、数々の話題作を世に送り出す片渕須直監督の世界を、自身の口から語る。資料集めの重要性など、制作について幅広く語られる予定だ。
監督は、現在アニメ映画『この世界の片隅に』を制作中である。こちらは広島を舞台としたマンガのアニメ化となっている。今回の聴講で作品の理解も深まるに違いない。

「アニメーション監督 片渕須直の世界」では、これまで片渕監督が手掛けてきた数々の作品を上映する。最近の作品では、NHK東日本大震災復興応援プロジェクトのテーマソング『花は咲く』のアニメ映像、さらに『アリーテ姫』、『ブラック・ラグーン』、『マイマイ新子と千年の魔法』などだ。
さらに『この世界の片隅に』の制作中の映像が、今回特別に上映される予定だ。そして当日のみの展覧会 片渕須直 WORKS展も開かれる。ファンには見逃せない。

比治山大学短期大学部美術科は、昨年、マンガ・キャラクターコースと映像・アニメーションコースを新設した。7月7日には映像・アニメーションコースのオープンキャンパス講演としてアニメーション作家・山村浩二さんによる「山村浩二~短編アニメーションの世界~」も行っている。
8月4日には、特別公開講義「こうの史代 私のマンガ表現」も実施する。マンガ家・こうの史代さんは昨年度より同大学の客員教授を務めているためだ。

特別講演「アニメーション監督 片渕須直の世界」は、13時30分から10号館(学生会館)5階の多目的ホールにて行われる。定員は200名(事前申し込み不要、先着順)である。展覧会「片渕須直 WORKS」展は同館のロビーになる。いずれも料金は無料となっている。
[真狩祐志]

特別講演「アニメーション監督 片渕須直の世界」
/http://blog.hijiyama-u.ac.jp/bj/2013/08/post_199.html

日時: 2013年9月1日(日) 13時30分~15時
会場: 比治山大学 10号館(学生会館)5階 多目的ホール
定員: 200名(事前申し込み不要、先着順)
対象: アニメーションやマンガに興味を持っている方や、クリエーター志望の方
料金: 無料

関連企画 展覧会「片渕須直 WORKS」展
会場: 比治山大学 10号館(学生会館)5階 多目的ホール ロビー
料金: 無料
主催: 比治山大学 短期大学部 美術科
《真狩祐志》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集