ハリー・ポッター研究家プロデュース 六本木ヒルズに「魔法使いのカフェ&パブ」開店 | アニメ!アニメ!

ハリー・ポッター研究家プロデュース 六本木ヒルズに「魔法使いのカフェ&パブ」開店

ニュース

六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーでの「ハリー・ポッター展」の開催を記念して、六本木ヒルズ展望台・東京シティビュー「マドラウンジスパイス」に「魔法使いのカフェ&パブ」がオープンした。9月16日まで。

カフェのインテリアやメニュー構成をプロデュースしたのは、ハリー・ポッター研究家のアレックス(ALeX)氏。インテリアはイギリスのアンティークをイメージしており、テーブルやイス、カウンターや柱などはすべて木製。わざと傷や錆を付けて、魔法使いが長い間通い続ける食堂のような雰囲気を演出している。また、ロウソクが物語のキーアイテムの一つであることから、店内の明かりには揺らめくロウソクの炎を再現した照明が使用された。

メニューは『ハリー・ポッター』の舞台であるイギリス料理がベース。緑色が怪しげな「魔女の煮込んだ大鍋カレー」(1,280円)、スモークターキーと色とりどりの野菜がセットになった「魔法使いのパーティープレート」(1,680円)、イギリスの代表的な料理「ロンドン裏路地のフィッシュ&チップス」(680円)などをラインアップ。また、チャールズ皇太子所有の農場で完全無農薬栽培されたモルトで作られたビール「スケアクロウ」(500ml/1,500円)やゴブリンのラベルがユニークな「ボブゴブリン」(500ml/1,500円)などイギリスのビール5種に加え、子供用の「KIDSビール」(700円)やドラゴンの鱗をイメージしたコーラ「ドラゴンスケール」(700円)など、こだわりのドリンクメニューも多数用意している。

オープン前日に行われた内覧会でアレックス氏は「自分自身が、こんな世界でパーティーが開けたら嬉しいなという空間を再現した。ハリー・ポッター展で遊んだ後、このカフェでゆっくり休んで、魔法使いになった気分で楽しんでほしい」と語った。

「魔法使いのカフェ&パブ」は、ハリー・ポッター展開催中は毎日営業。時間は11時から23時まで。

ハリー・ポッター研究家プロデュース、「魔法使いのカフェ&パブ」オープン

《編集部》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • まもなく開幕「ハリー・ポッター展」に潜入 精巧に再現された魔法の世界に驚愕 画像 まもなく開幕「ハリー・ポッター展」に潜入 精巧に再現された魔法の世界に驚愕
  • ハリー・ポッター展が六本木ヒルズにやってくる 6月22日から開催 画像 ハリー・ポッター展が六本木ヒルズにやってくる 6月22日から開催
  • 米国アカデミー賞 VFX部門ノミネートに5作品 画像 米国アカデミー賞 VFX部門ノミネートに5作品

特集