「ハリー・ポッター」最終章PART1 公開週末全世界3億3000万ドル | アニメ!アニメ!

「ハリー・ポッター」最終章PART1 公開週末全世界3億3000万ドル

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』がオープニング週末興収で大きな記録を築いた。世界興収は3億3010万ドル、

ニュース
 2010年11月第3週、米国、日本、英国、オーストラリアなどで世界公開された映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』がオープニング週末興収で大きな記録を築いた。世界興収は3億3010万ドル、このうち米国で1億2510万ドル、米国を除く世界各国は2億500万ドルである。
 米国の興収は過去シリーズ最高であった『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』1億260万ドルを23%上回り、最新作でこの記録を塗り替えた。英国の週末興収は2800万ドル、これは週末興行過去最高である。シリーズ最終章となる『死の秘宝』のPART1で、好調なスタートを切った。

 日本でもこうした作品の人気は同様だ。本作は11月19日金曜日に公開、880スクリーンを使った超拡大ロードショーもあり、興収は金曜日、土曜日、日曜日の公開初日3日間で11億7600万円である。クリスマス、年末年始に向けて、大型ヒットを狙うことになりそうだ。
 シリーズの過去6作品の世界興収は54億ドル、国内では795億円、第7作目はこの記録をさらに伸ばしそうだ。そして、2011年には、本作の後編、そして完結となる『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』も控えており、2010年から2011年とハリー・ポッターシリーズが大きな話題を呼ぶ違いない。

 本作では最終学年7年生、17歳になったハリー・ポッターに、遂に復活したヴォルデモート卿と最後の対決が迫る。力を回復したヴォルデモート卿は死喰い人を使い、魔法省やホグワーツ魔法学校までをも支配下に置く。
 ハリーと親友のロン、そしてハーマイオニーはヴォルデモート卿を抹殺する鍵となる「分霊箱」を見つけ出す旅を続ける。ハリーを生け捕りにしようとする死喰い人の魔の手、ハリーと仲間たちの行方はどうなるのか。ハリーの最後の戦いが始まる。
 PART1公開後、さらにそれを引き継ぐPART2が、2011年7月15日に公開される。2001年にスタートし10年を超えるハリー・ポッターシリーズも、そこで大団円を迎えるはずだ。

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』
丸の内ピカデリー他、全国上映中
公式サイト /http://www.deathly-hallows.jp
ワーナー・ブラザース映画配給

       HP7.jpg
(C) 2010 Warner Bros. Ent.
Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R.
Harry Potter characters, names and related indicia are trademarks of and (C)
Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

特集