話題の大作「ワールド・ウォー Z」  吹替版に豪華声優陣が参戦 | アニメ!アニメ!

話題の大作「ワールド・ウォー Z」  吹替版に豪華声優陣が参戦

ニュース

8月10日より、ブラッド・ピット最新作『ワールド・ウォー Z』が全国公開を迎える。本作は謎のウイルスによってカオスと化した世界が舞台のエンターテインメント大作だ。
その日本語吹替版には、主人公ジェリー役に堀内賢雄さん、その妻カリン役には女優の篠原涼子さんが起用され、話題を集めている。そこにさらなる豪華声優陣が参戦する。
今回は新たに追加声優陣が発表された。玄田哲章さん、浪川大輔さん、大塚芳忠さん、坂本真綾さん、若本規夫さん、三木眞一郎さん、中井和哉さん、井上和彦さん、釘宮理恵さんなど、声優界を代表する超豪華メンバーが集結した。

追加声優陣はアニメはもちろん、洋画の吹替でも活躍中の面々が揃った。玄田哲章さんはアーノルド・シュワルツェネッガーの声としてお馴染みの人気声優だ。浪川大輔さんは「ターミネーター」シリーズのジョン・コナー役やレオナルド・ディカプリオの声を数多く担当。大塚芳忠さんはジャン=クロード・ヴァン・ダム、坂本真綾さんはナタリー・ポートマンの吹替で知られている。
また、『ドラゴンボールZ』セル役の若本規夫さん、『鋼の錬金術師』ロイ・マスタング役の三木眞一郎さん、『ONE PIECE』ゾロ役の中井和哉さん、『夏目友人帳』ニャンコ先生役の井上和彦さん、『銀魂』神楽役の釘宮理恵さんら、ヒット作に出演した声優陣の参加が決定した。洋画ファンだけでなくアニメファンも注目の作品になるだろう。
そのほかに大ベテランの大塚周夫さんと、テレビ番組『世界ふしぎ発見!』などでナレーションも行っている梅津秀行さんの起用も明かされた。声優陣からは映画公開に向けたコメントが発表されている。

全世界は爆発的に拡大する謎のウイルスによって感染者は増加し続け、大混乱に陥っていた。元国連捜査官として世界各国を飛び回ったジェリーに、事態を収束させるべく任務が下る。
怯える家族の側にいたいという思いと、世界を救わなければならないという使命の狭間で、ジェリーは究極の選択を迫られる。感染の速度は加速する一方で、人類に残された時間はわずかだった―。
[高橋克則]

『ワールド・ウォー Z』
8月10日(土)TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー
/http://www.worldwarz.jp/

[吹替キャストコメント]

堀内賢雄さん
「作品が持つ緊迫感、そしてスピード感、更にセリフとしては難易度の高いレベルをとても分かりやすく表現しています。
家族を守るためにウイルスと戦い世界を駆け巡るジェリーは、どんな窮地に追い込まれてもあきらめない精神力があり、男、そして父親の優しさとは何なのか考えさせられます。
状況にもよりますが、どんな時でも自分以外の人に優しくできる人間でありたいと思っています。頑張れ、堀内 賢雄」

玄田哲章さん
「究極の危機が迫った時、まず第一に何を守るべきなのか…家族と任務のはざまで頑張る主人公はカッコイイです!」

浪川大輔さん
「ファスバックはとても大事な事を喋ります。そして彼の結末はものすごいです。衝撃的! 絶対に見逃さないで下さい。お願い致します」

大塚芳忠さん
「核ウイルス、テロ、天変地異、人類絶滅は決していい未来の話では無い!! 必ず我々は究極の決断を迫られる日が来る!!
避けて通れない現実を、まざまざと見せつけられる作品です。今、人類が考えなければならない大きな問題をこの作品でつきつけられる!!」

中井和哉さん
「諦めてしまえば楽だろうにとも思ったけど、諦めるわけにはいかないのも凄く分かる。お父さんは大変だ」

若本規夫さん
「まさに役者その人が喋っているかのごとく…呼吸と声が一如一体となって、写実的に表現されるようこころがけています」

三木眞一郎さん
「吹替版を改めて観たのですが、情報量の多い作品がとても分かりやすくなっていると思いました。
家族愛もストレートに伝わってきます。オリジナル版同様に、吹替版でも多くの方に楽しんでいただきたいと思います」

梅津秀行さん
「吹替えだからこそ楽しめる…。そんな映画作りを私達は目指しています。怖がって楽しんで、堪能して下さい」


監督: マーク・フォースター
製作: ブラッド・ピット
脚本: マシュー・マイケル・カーナハン
原作: マックス・ブルックス「ワールド・ウォー・ゼット」(文藝春秋刊)
配給: 東宝東和
出演: ブラッド・ピット、ミレイユ・イーノス
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集