「サイレントヒル:リベレーション3D」 主演は福田彩乃 初吹替に挑戦 | アニメ!アニメ!

「サイレントヒル:リベレーション3D」 主演は福田彩乃 初吹替に挑戦

7月12日より全国公開される映画『サイレントヒル:リベレーション3D』の日本語吹替版キャストが決定した。主人公ヘザー役に、モノマネタレントの福田彩乃さんが抜擢された。

ニュース
福田彩乃さん
  • 福田彩乃さん
  • 福田彩乃さんとはるな愛さん
  • 福田彩乃さん
7月12日より全国公開される映画『サイレントヒル:リベレーション3D』の日本語吹替版キャストが発表された。主人公ヘザー役に、モノマネタレントの福田彩乃さんが抜擢された。福田さんが洋画の吹替を担当するのは初めてのことだ。
さらにヘザーの敵となるアレッサ役も兼任し、一人二役に挑戦する。主演以外の声優陣は先日発表されており、これで日本語吹替版のキャストが出揃ったかたちとなる。
5月27日には東京都内にて公開アフレコイベントを実施した。福田さんのほか、プライベートで仲の良いタレントのはるな愛さんもお祝いに駆けつけ、会場は大きな盛り上がりを見せた。

初吹替で初主演となった今回のオファーについて福田さんは、「いきなり、二役というお話をいただいて不安もあったのですが、スタッフの方から私とヘザーが重なる部分があると言っていただき、思い切ってやろうと思いました」と語った。
また、実際に吹替をした感想について「難しかったですね。善と悪2つのキャラクターを演じたので気持ちの入れ方にも注意しましたし、特にヘザーは息づかいで心情を表現するところも多かったので、酸欠気味になりました」と苦労したポイントを話した。
普段のモノマネとの違いを聞かれると「似ているところもあるのですが、身振り手振りが映らないので普段より難しかったです」と応え、様々な洋画の吹替を見て、研究したことを明かした。

その後サプライズゲストとしてタレントのはるな愛さんが登場。何も知らされていなかった福田さんは感激した様子を見せていた。
はるなさんは「いつもはモノマネで色々な人を演じているけど、今日は"女優"って感じでいつもよりも綺麗じゃない?」と福田さんを絶賛。続いて「私も昔ホラーの作品でアフレコやったことあるんだけど、なんかすごいおじさんの役だった」と会場の笑いを誘った。
最後は福田さんが「『サイレントヒル:リベレーション3D』は怖いだけでなく、映像の美しさが際立っていると思います。ご覧になる際は、ぜひ3Dの吹替版でご覧ください! よろしくお願いします」とコメントし、イベントは無事に終了した。
[高橋克則]



『サイレントヒル:リベレーション3D』
7月12日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー
/http://silenthill3d.gacchi.jp/

監督・脚本:マイケル・J・バセット/音楽:山岡晃

[出演]
アデレイド・クレメンス、ショーン・ビーン、ラダ・ミッチェル、マルコム・マクダウェル、キャリー=アン・モス
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集