ネルケプランニング 代表取締役 松田誠インタビュー | アニメ!アニメ!

ネルケプランニング 代表取締役 松田誠インタビュー

[取材・構成: 高浩美] いま、マンガやアニメに由来するミュージカルが大人気だ。しかし、そうした状況は、長年の多くの人努力と積み重ねにより築かれたものだ。アニメ・マンガミュージカルの立役者ネルケプランニング 代表取締役 松田誠氏に話を伺った。

インタビュー
ネルケプランニング 代表取締役 松田誠氏
  • ネルケプランニング 代表取締役 松田誠氏
日本が誇る最強コンテンツ、「アニメやコミック由来の舞台・ミュージカルは世界に輸出できるんです!」

[取材・構成: 高浩美]

■ アニメやコミックの舞台化・ミュージカル化は“ワクワク”感とライブ感、想像力で“脳内補完”

近年、アニメ・コミック・ゲームの舞台化が加速している。しかし、かつては驚きと興味を持って迎えられた。
コミックの初舞台化は宝塚歌劇団による『ベルサイユのばら』、初演は1974年。「まるでコミックから抜け出たみたい」と言われタカラヅカファン拡大につながった。アニメの初舞台化はSKD(※)の『銀河鉄道999』、初演は1980年、詳細は不明だが再々演も行われているところを見ると好評だったことが伺える。
この時代はアニメやコミックを舞台化すること自体が珍しかったが、現在は珍しくないどころか日本のショービジネス界での地位を確立しつつある。2013年5月現在、すでに39タイトル、約620,000人を動員している。その前年が51タイトル、約1,205,000人動員、想定外の勢いでシェアを伸ばしている。
それは小さい頃からアニメやコミックに親しんできた世代が成人し、可処分所得を得て自身が劇場に足を運ぼうと思えば行かれるようになったこと、アニメ・コミック・ゲームはストーリーやキャラクター等、芝居を見る前から知っていることだろう。

ミュージカル、それこそ大作と言われるものは一般観客にとっては少々敷居が高い。先入観、といってしまえばそれまでだが、「難しい」等のネガティヴな印象がある。ところが慣れ親しんだキャラクターが登場するアニメ・コミック・ゲームの舞台化はむしろ「好きなキャラクターが舞台に出てくる」というワクワク感がある。2次元から3次元に飛び出す感覚、キャラクターがリアルに汗をかき、歌い、踊る、ライブ感は観客の心をとらえる。
萌え台詞も満載、ときにはお約束の展開ではあるが、素直に面白い。人気タイトルはチケットが入手困難となり、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いである。

しかし、なんの苦労もなく“盛況”な状態になった訳ではない。これまでに様々な試みが行われた。
SMAP主演の『聖闘士星矢』(1991年)、声優を同役で起用した『サクラ大戦』(1998年)等が上演された。それから、今をさかのぼること10年前にミュージカル『テニスの王子様』初演、結果は周知の通り。何度も上演、シリーズ化されている(2013年6月現在約1,500,000人動員)。

アニメ・コミックの舞台化では“パイオニア”のネルケプランニングの代表取締役・松田誠は語る。
「日本人って特にミュージカルコンプレックスというものがあると思うんです。なんか恥ずかしい、って言うか。何の興味もなく『ミュージカルを観に行こう!』なんて言う人はまず、あまりいないと思う(笑)。
でも、そういう人でも自分が見たことがあるアニメやコミックの舞台は身近だから入っていきやすい。いままで劇場に足を運んだことのない新規のお客様が入ってくる。だから、このジャンルで新しいマーケット、つまり新しい観客層を開拓出来たのではないかと思いますね。『私、『黒執事』大好きだからミュージカルも行ってみようかな』みたいな」

実際、劇場にはコスプレ姿もちらほら、『黒執事』の世界に浸っている観客も散見された。舞台を観ながら夢の世界に浸り、帰宅してもその世界観に浸れる。「ミュージカルはちょっと・・・」「演劇って難しそう」という観客を虜にするマジックがある。
「世界的に見てもエンターテイメントで数字が上がっているものはライヴしかないですからね。」
しかし面白さは“ライヴ”だけではない。人間が持っている想像力がさらにその“マジック”にかけ算を加える。
「実はアニメ・コミックと舞台って表現方法が似ているのです。観客は“脳内補完”しているんですよ。例えばコミックのコマとコマの間、これは想像力で繋げている、そういう作業をしている。舞台も俳優が『この大宇宙で!』と叫べば劇場は宇宙になる、いわば、想像するのりしろが(共通して)あるんですよ」

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集