JコミFANディング 海明寺裕さんリハビリ療養義援金募集 開始半日で目標額に | アニメ!アニメ!

JコミFANディング 海明寺裕さんリハビリ療養義援金募集 開始半日で目標額に

ケガや事故による活動の中断というリスクも高い職業だ。 病気やケガに陥ってしまった作家を支援出来ないかと、インタネーットを使った試みがマンガ配信サイトのJコミで始まった。Jコミの作品購入による作家支援の仕組み「JコミFANディング」を活用する。

ニュース
マンガ家や作家、アニメーター、演出などエンタテイメントの創作者は、組織に属さずフリーとして活動する人が多い。自由な創作活動を得られる一方で、病気やケガによる活動の中断というリスクも高い職業だ。
そうした状況に陥ってしまった作家を支援出来ないかと、インタネーットを使った試みがマンガ配信サイトのJコミで始まった。Jコミの作品購入による作家支援の仕組み「JコミFANディング」を活用する。

ことの発端は、マンガ家の海明寺裕さんが脳出血で倒れたことだ。海明寺さんは手術により、2日後に意識が回復し、命に別状はないものの半身麻痺の症状が残っているとのことだ。創作活動に戻るにはしばらく時間がかかりそうだ。
海明寺さんは、Jコミに過去作品の『亡国星』や『ルナティック・ルナ』などを提供している。そこでJコミは、JコミFANディングで義援金の募集を開始した。今回の支援は「JコミFANディング」のシステムを応用して、リハビリ代として設定した目標額の60万円と応援メッセージを集めるものである。

今回のシステムは、1人で何口でも支援可能としている。購入者のハンドルネームと支援の口数を決める。コースをとり混ぜたり、海明寺さんへの応援メッセージを追記編集可能となる。
支援により得られるインセンティブのコースは2種類ある。年齢制限無しの1000円コースと成人向けの4000円コースである。内容はマンガや同人誌のPDF、海明寺さんの奥さんからの感謝メッセージとなっている。
期間は6月29日から7月29日までの1ヶ月間になるが、開始半日で早速目標額をクリアと、反響の大きさが窺える。療養支援ということもあり、目標額、目標人数を超えても引き続き受け付け可能となってる。

Jコミ
/http://www.j-comi.jp/
《真狩祐志》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集