「名探偵コナン 絶海の探偵」シリーズ歴代最高記録を達成 興収35億円突破 | アニメ!アニメ!

「名探偵コナン 絶海の探偵」シリーズ歴代最高記録を達成 興収35億円突破

「名探偵コナン」が、また大きな記録を達成した。4月20日に公開された『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』が、6月9日現在で劇場版「名探偵コナン」シリーズの興行記録で歴代最高となった。

ニュース
(c) 2013青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • (c) 2013青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
世代を超えた人気を誇る「名探偵コナン」が、また大きな記録を達成した。4月20日に公開された『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』が、6月9日現在で劇場版「名探偵コナン」シリーズの興行記録で歴代最高となった。
本作は公開から51日目を迎えた6月9日に、動員数291万5894人、興行収入35億940万6150円に達した。この興行収入は、過去最高だった2009年4月18日公開の劇場版第13作『名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)』の35億円を超える。1994年の連載開始、1996年アニメ化、1997年の劇場シリーズスタートから十数年、いまだ人気を拡大し続ける「名探偵コナン」の勢いを見せつけたかたちだ。

『名探偵コナン 絶海の探偵』は、ゴールデンウィークの目玉作品として登場した。公開当初より快調な出足となり、前作『名探偵コナン 11人目のストライカー』(12年4月14日公開/興行収入32.9億円)興収対比で109.4%という記録になっている。公開から約2ヵ月を過ぎたが、現在も上映中、人気を集めている。今後は更なる記録更新が期待されるという。
本年は劇場版「名探偵コナン」シリーズに、他にもビッグなニュースがある。シリーズ累計動員が、4000万人の大台を突破している。また、映画製作者に与えられる藤本賞を、本作のプロデューサー陣が受賞している。こちらも長年の積み重ねがかたちなって現れたものだ。
2013年は、今後12月に「ルパン三世VS名探偵コナン」が公開予定である。コナンが一年を通じて活躍することになりそうだ。

『名探偵コナン 絶海の探偵』は、イージス艦と海が舞台。壮大な演出が目玉となっている。京都・舞鶴湾で行われたイージス艦の体験航海に参加したコナン、蘭、小五郎、そして少年探偵団たちが、謎の敵の襲来を受ける。
コナンは、灰原や阿笠博士、そして平次と協力して捜査に乗り出し、艦内に某国のスパイXが乗りこんでいることを知る。果たしてスパイXとは誰なのか?究極のスパイミステリーに、コナンが立ち向かう。

『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』
全国東宝系大ヒット公開中
/http://www.conan-movie.jp/index.html
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集