「オブリビオン」来日記者会見 トム・クルーズが作品、そして日本を語る | アニメ!アニメ!

「オブリビオン」来日記者会見 トム・クルーズが作品、そして日本を語る

ニュース

『オブリビオン』来日記者会見 (C) 2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『オブリビオン』来日記者会見 (C) 2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『オブリビオン』来日記者会見 (C) 2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『オブリビオン』来日記者会見 (C) 2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『オブリビオン』来日記者会見 (C) 2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
ヨーロッパ公開に続き、全米公開も好調なスタートを切ったハリウッド映画『オブリビオン』が、いよいよ5月31日に日本上陸する。初夏の日本で満を持して全国公開がスタートする。
大作だけに、ロードショーに向けたプロモーションにも力が入る。5月7日には、来日中のトム・クルーズさん、ヒロインのオルガ・キュリレンコさん、ジョセフ・コシンスキー監督さんが、ザ・リッツ・カールトン東京で記者会見を行った。

トム・クルーズさんは本作について聞かれると「私は何度かSF作品に出ていますが、『オブリビオン』はこれまでとは全く異なる作品になっています」と語り、「全体にロマンスが満ちあふれた素晴らしい作品です」と仕上がりに自信を見せた。
本作は、監督が「現場でビジュアルをつくりあげるという点に力を注ぎました」と話したように、圧倒的な映像表現が魅力的な映画である。ブルースクリーンによるCG合成だけでなく、プロジェクションスクリーンに映像を投影するなど、様々な技術を駆使して創り上げたビジュアルに注目が集まっている。
トム・クルーズさんは監督について「デザインや発想力などのクリエイトする力が素晴らしいです。自分の想像する世界を見事に作り上げるその手腕に感激しました」とその功績を称えた。

一方、ヒロインを演じたオルガ・キュリレンコさんからは「この作品はトムがいなければ出来なかった作品だと思っています」と絶賛を受けた。
「特にスタントシーンは経験豊富な彼がいてくれたから、安心して演じることが出来ました」と語り、楽しい現場だったので機会があれば何度でも共演したいと話していた。
また、アクションシーンに話が及ぶと二人が撮影当時を思い出しふざけあう一幕もあり、息の合った様子を見せた。映画本編でも名コンビぶりを堪能することができるだろう。

最後は今回が19回目の来日という日本についての質問が飛ぶと「本当に日本は美しい国ですからここで映画を撮るのは私の夢でもあります。あと19回来てもいいくらい! それほど大好きな国です」と会場を沸かし、記者会見は終了した。
[高橋克則]

『オブリビオン』
5月31日(金)TOHOシネマズ 日劇ほか、全国ロードショー
/http://oblivion-movie.jp/

Facebook /https://www.facebook.com/oblivion.movie.jp
公式Twitter /https://twitter.com/oblivion_jp

[出演]
トム・クルーズ、モーガン・フリーマン、オルガ・キュリレンコ

監督・原作・製作: ジョセフ・コシンスキー
製作: ピーター・チャーニン、ディラン・クラーク
配給: 東宝東和
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集