2012年 米国のアニメーション最大ヒットは「メリダとおそろしの森」 アリエッティは日本アニメ歴代4位 | アニメ!アニメ!

2012年 米国のアニメーション最大ヒットは「メリダとおそろしの森」 アリエッティは日本アニメ歴代4位

ニュース

2012年、日本の劇場アニメは『ONE PIECE FILM Z』、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』、『おおかみこどもの雨と雪』など大ヒットが相次いだ。こうした状況は、海の向こうの米国もよく似ている。
2012年もこれまでに引き続き、アニメーション映画の活躍が目立っている。2012年の映画興収ベスト20には、6作品が名前を連ねている。

このなかで最も観られたアニメーション映画は、全体でも8位となったディズニー/ピクサーの『メリダとおそろしの森』だった。興行収入は2億3726万ドルである。これに全体では10位となった『マダガスカル3』(ドリームワークス・アニメーション)が続く。
これだけを見ると米国のアニメーション映画は、依然ピクサーとドリームワークスの2大スタジオがリードする様に見える。しかし、2012年の特徴は、2大スタジオ以外の健闘だろう。ユニバーサル配給・イルミネーション制作の『ロラックスおじさんの秘密の種』の興収2億1403万ドルは、『マダガスカル3』の2億1639万ドルとほぼ同水準だった。
一方、ドリームワークスのもう1作品『不思議の国のガーディアン』は、『アイス・エイジ4/パイレーツ大冒険』(20世紀フォックス)や『モンスター・ホテル』(ソニー・ピクチャーズ)を下回った。

CGアニメーションが全盛となるなかで、2012年は、ストップモーション(コマ撮り)・アニメーションの大作が3本も出揃ったのも特徴だ。
しかし、『パラノーマン ブライス・ホローの謎』(興収5600万ドル)、『フランケンウィニー』(3481万ドル)、『The Pirates! Band of Misfits』(3105万ドル)と、興収はCGアニメーションより低いレンジにとどまっている。なかでも全米3000スクリーンで公開された『フランケンウィニー』は期待値を大きく下回った。

一方、セルタッチの2Dアニメーションは公開本数自体が少なかった。2月17日に全米公開(1522スクリーン)された『借りぐらしのアリエッティ』(興収1920万ドル)が最も興行的には大きかった。
また、『借りぐらしのアリエティ』は、2012年に全米公開された数少ない日本アニメでもあった。一方で米国公開されたスタジオジブリ作品としては過去最高、日本アニメとしては『ポケモン:ファーストムービー』、『ポケモン:ザ・ムービー2000』、『遊戯王 ザ・ムービー』に次いで歴代4位の記録を残した。

[2012年に北米で公開されたアニメーション映画の興収ランキング]

『メリダとおそろしの森』  6月22日公開  2億3726万ドル
『マダガスカル3』  6月8日公開  2億1639万ドル
『ロラックスおじさんの秘密の種』  3月2日公開  2億1403万ドル
『シュガー・ラッシュ』  11月2日公開  1億7768万ドル
『アイス・エイジ4/パイレーツ大冒険』  7月13日公開  1億6116万ドル
『モンスター・ホテル』  9月28日公開  1億4519万ドル
『不思議の国のガーディアン』  11月21日公開  9538万ドル
『パラノーマン ブライス・ホローの謎』  8月17日公開  5600万ドル 
『フランケンウィニー』  10月15日公開  3481万ドル
『The Pirates! Band of Misfits』  4月27日公開  3105万ドル
『借りぐらしのアリエッティ』  2月17日公開  1920万ドル
『Chico & Rita』  2月10日公開  35万ドル
『A Cat in Paris』  6月1日公開  31万ドル
『鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星』  1月20日公開  18万ドル

*上記数字は、いずれも2013年1月5日現在の BOX OFFICE MOJO(/http://www.boxofficemojo.com/)から
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集