「009 RE:CYBORG」完成披露試写会が大盛況 未完の名作の空白を埋める | アニメ!アニメ!

「009 RE:CYBORG」完成披露試写会が大盛況 未完の名作の空白を埋める

イベント・レポート

神山健治監督
  • 神山健治監督
  • 成田賢さん
  • 完成披露試写は満員
  • 『009 RE:CYBORG』
10月27日に劇場アニメ『009 RE:CYBORG』が、全国公開となる。公開まで残り1週間あまりとなるなか、10月18日に東京・新宿バルト9で完成披露試写会が開催された。2011年10月に同じ場所で製作発表がされて以来約1年、完成した作品と伴に、神山健治監督が戻ってきた。
会場となった新宿バルト9は、多数の招待客で溢れ大盛況となり、急遽スクリーン数を増やすほどだった。

巨匠・石ノ森章太郎さんの名作の映画化ということもあり、招待客には永井豪さんや鈴木伸一さん、水野英子さんら大御所をはじめ多数のマンガ家の姿も見られた。また、アニメーション業界からもクリエイターやプロデューサーが多数訪れて、本作に対する業界からの関心の高さも感じさせた。
映画鑑賞後に寄せられたコメントでは、アニメ監督の富野由悠季さんは、「『アニメ映画』ではなく、『映画』としていい映画だった」と、また石ノ森章太郎さんのトキワ荘時代の仲間である鈴木伸一さん、水野英子さんは「時代が変われば、変わることもあるし、よかったと思う。」と映画の感想を述べた。

映画上映前に挨拶に立った神山監督も、一年前の製作発表からスタートさせた。「発表当初は(『サイボーグ009』を取り上げることを)意外という声が大きかった。しかし、僕らの世代には知らず知らずのうちに、石ノ森作品のヒーロー像が埋め込まれている。」と話す。
そして、その物語は普遍的でシンプルとし、正義はどこにあるかを?問いかけることがいまの人にも届くとその意図を説明する。

ストーリー、プロモーション、あらゆる場面で、新しさや挑戦を意識した本作だが、なかでも大きな話題を呼んでいるのが、フルCGの3D(立体視)という映像表現の技術である。一見は、これまでの商用アニメに多いセルルックのキャラクターを踏襲しているが、これらは全てCG、コンピュター上で生み出されている。
これはこの分野で新しい表現に挑戦を続けるサンジゲンの技術と制作によるものだ。監督が空間が存在するなかでセルの様に見えるキャラクターの表現は難しい、とするなかで実現した映像に注目である。

その後、1979年版の主題歌を歌った成田賢さんがステージに登壇し、「誰がために」を熱唱した。場内からは手拍子も起こるなど、完成披露を盛り上げた。
最後に登壇した神山健治監督は、「未完の傑作『サイボーグ009』の連載が途中になってしまってから、30年以上たち、自分なりにその空白を埋めるために制作してきました。是非、彼らの活躍をスクリーンで楽しんでほしい』と意気込みを見せた。その想いは10月27日から全国に届けられそうだ。

『009 RE:CYBORG』 
10月27日(土) 全国公開
公式サイト /http://www.ph9.jp/

配給: Production I.G/ティ・ジョイ
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集