ラーメン通の神山健治監督も絶賛 「009 RE:CYBORG」と宅麺.comがコラボ | アニメ!アニメ!

ラーメン通の神山健治監督も絶賛 「009 RE:CYBORG」と宅麺.comがコラボ

ニュース

アニメ映画『009 RE:CYBORG』と、注目上昇中のラーメン宅配サービスの「宅麺.com」のコラボレーションが決定した。10月16日には、東京都内で記者会見が行われた。
この企画は10月27日公開の本作が、日本が誇る食文化であるラーメンの名店9店とのコラボレーションしたメニューが登場するものだ。コラボ店舗は全国各地から参加する。
9人のサイボーグ戦士の1人、張々湖が、劇場版では世界的な中華料理チェーンのオーナーという設定であることに加えて、神山監督自身がかなりのラーメン通であるという事から、今回のコラボレーションは実現した。

会場の「ザ・レギヤン・クラブハウス赤坂」には、神山健治監督とサイボーグ006・張々湖役の声優である増岡太郎さんのほか、宝塚歌劇団星組出身で大のラーメン好きとして知られる女優の凜華せらさん、そしてラーメン店「光麺」総料長である菊地透さんが出席した。
神山監督は、会場に用意されたラーメンを試食しながら、「今回の9種類ともすごく美味しそう。ラーメンのエピソードは、映画制作中は昼、夜、食べられない時があり何を食べよう?美味しいものを食べたいなと思うとふっとラーメンになる。今回の009もラーメンなくしては出来なかった作品です」とコメント。
また、「今回の映画『009』はラーメンで出来ているかも? 30%はそうかな?」と会場を沸かせた。

サイボーグ003のコスチューム姿で登場した凛華せらさんは、「私ももちろん009は知っています。そして大好きな作品です。その中で今回龍旗信さんとコラボして003のキャラのラーメンのプロデュースをさせて頂きました。女性に食べて頂きたいラーメンです。優しさと強さ、ラー油と花山椒でしっかりと刺激的に出来上がっており青森出身で今回、青森素材バサラコーンを使用して、五感に訴えかけるラーメンです」と、製品の美味しさを熱くアピールした。

サイボーグ006役の増岡太郎さんが「美味しいです。只辛いだけではなく旨味もあり是非(映画に登場する)「中華大餐館」に出したいです。自分の演じたキャラクター達がこのようにラーメンとして世の中に出ていくのは中々ないことなのでとても嬉しいです」と話した。すると、神山監督も「最初はすごく辛いが山椒が入っていて旨味がひろがり、あとを引きます。止まらないですね」と、その味を絶賛した。

「宅麺.com」は、全国の人気店のスープと麺・具材を寸胴ごと買い付け、そのまま冷凍して宅配するサービスだ。一般家庭での調理でも、これまでお店でしか味わえなかった行列のできる店の味を自宅で楽しむことができる。
[多摩永遠]

『009 RE:CYBORG』
10月27日(土)全国公開
配給: Production I.G/ティ・ジョイ
/http://www.ph9.jp/

[コラボ店舗]
「麺や維新」(横浜)、「無鉄砲」(京都)、「龍旗信」(大阪)、「蟹専門 けいすけ北の章」(東京駅)、「せたが屋」(駒沢)、「本格中華麺店光麺」(池袋)、「らーめんダイニングど・みそ」(京橋)、「富山ブラック麺家いろは」(富山)、「一風堂」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集