月刊「ヒーローズ」創刊1周年 人気作家陣による新作が続々連載スタート | アニメ!アニメ!

月刊「ヒーローズ」創刊1周年 人気作家陣による新作が続々連載スタート

ニュース

月刊「ヒーローズ」は、2012年10月号(9月1日発売)から2013年2月号(12月下旬発売)にかけて計4作品の新連載を開始する。創刊1周年に合わせて、作品ライナップの充実を図る。
新たに連載をスタートするのは、特撮テレビドラマ『牙狼(GARO)』の原作者・雨宮慶太さんがキャラクターデザインを務め、脚本家として幅広い活躍を見せる井上敏樹さん原作を担当する『装刀凱-ソードガイSWORD/GAI-』、アニメでも有名な『Gu-Guガンモ』の生みの親である細野不二彦さん原作の『アサシン-ichiyo-』、『クアドリガ 徳川四天王』(原作:ヒース村中/作画:渡海ドヘ)、『弁慶(仮)』(作画:武村勇治 /原作:義凡)など人気作家陣が集結した4タイトルである。2013年2月号までに登場する。
また2012年11月号(10月1日発売)では、現在休載中の『銀のケルベロス』が新エピソードとして再開予定となっている。

月刊「ヒーローズ」は、ヒーローを題材とした作品を集めたマンガ雑誌だ。2008年にアニメ化もされた人気作『鉄のラインバレル』の清水栄一さんと下口智裕さんが初代ウルトラマンのハヤタ隊員の息子を主人公に描いた『ULTRAMAN』、『炎の転校生』や『逆境ナイン』などの代表作を持ち、熱い作品展開やその人柄もファンから人気を集めている島本和彦さんによる『ヒーローカンパニー』等の人気作品がある。2011年11月の創刊から現在までに計12作品を連載中だ。

また、9月からは本誌の初単行本となる「ヒーローズコミックス」のレーベルが創刊となる。「ヒーローズ」は書店ではなくコンビニやパチンコ店などで販売を行う特殊な流通システムが話題となった。
さらに一つの作品に複数のクリエイターが携わる創作方法や、海外を視野に入れた英語版サイトのオープンなど、既存のマンガ雑誌にはとらわれない戦略が採用されている。
今回の連続新連載の開始によって、新レーベルの立ち上げやこれからのビジネス展開に弾みをかけたいという意気込みも感じさせる。月刊「ヒーローズ」は毎月1日、セブンイレブン他にて販売中だ。
[高橋克則]

月刊「ヒーローズ」
公式サイト /http://www.heros-web.com/

[新連載作品一覧]
2012年10月号(9月1日発売)
『クアドリガ 徳川四天王』
原作:ヒース村中 / 作画:渡海ドヘ
2012年12月号(11月1日発売)
『装刀凱-ソードガイSWORD/GAI-』
原作:井上敏樹 / キャラクターデザイン:雨宮慶太 / 作画:木根ヲサム
2013年1月号(12月1日発売)
『弁慶(仮)』
作画:武村勇治 / 原作:義凡
2013年2月号(12月下旬発売)
『アサシン-ichiyo-』
原作:細野不二彦 / 作画:信濃川日出雄
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集