第7回吉祥寺アニメーション映画祭 受賞作品発表 | アニメ!アニメ!

第7回吉祥寺アニメーション映画祭 受賞作品発表

今回グランプリを受賞したのは植草航さんの『やさしいマーチ』である。植草さんの『やさしいマーチ』は、横浜の東京藝術大学大学院映像研究科

ニュース
 10月8日、武蔵野商工会館の吉祥寺ゼロワンホールで第7回吉祥寺アニメーション映画祭が開催された。2004年のプレイベントから吉祥寺アニメワンダーランドの1イベントとして開催されて徐々に定着してきた当映画祭。作品の募集が行われるようになったのは第2回からだ。回を重ねるごとに有力な作品が集まるようになってきた。

 今回グランプリを受賞したのは植草航さんの『やさしいマーチ』である。植草さんの『やさしいマーチ』は、横浜の東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻2期の作品で、先の第23回CGアニメコンテストではアニメーション賞も受賞している。
 吉祥寺アニメーション映画祭においても、植草さんは第5回に『向ヶ丘千里はただ見つめていたのだった』で、ぴえろ賞を受賞している。今作の『やさしいマーチ』も前作と同様に、動きの気持ちよさが追求されている良作だ。

 このほかの主な受賞では、石田祐康さんの『rain town』が優秀賞、STUDIO4賞、ジブリ美術館賞と複数獲得している。この『rain town』は、これまで第9回インディーズアニメフェスタでグランプリなどを受賞してきている。
 同じく第9回インディーズアニメフェスタで審査員特別賞を受賞していた白井孝奈さんの『トリップ・トラップ・マップ』は、スタジオディーン賞を受賞している。

 一方、惜しくも受賞を逃した入選作品では、川崎健司さんの『チルリ』、きのしたがくさんの『セピア色のとけい』、秦俊子さんの『さまよう心臓』がある。
 川崎さんの『チルリ』は、第23回CGアニメコンテストでも入選していた。きのしたさんの『セピア色のとけい』は今までも様々な受賞歴がある。
 また、きのしたさんは10月27日・28日に秋葉原UDXで開催される東京国際アニメ祭2011秋にクリエイタービジネス支援プログラムで出展する。秦さんの『さまよう心臓』は、植草さんの『やさしいマーチ』と同様に東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻2期の作品でもある。
 なお10月16日の20時から、武蔵野三鷹ケーブルテレビで今回の受賞作品が放送される。
【真狩祐志】

吉祥寺アニメーション映画祭 /http://kichifes.jp/animation/

第7回吉祥寺アニメーション映画祭

一般部門

グランプリ
『やさしいマーチ』 植草航

優秀賞
『rain town』 石田祐康

審査員特別賞
『ぼくのおとうさん~Dear My Father~』 長濱英高
『空腹とブレーカー』 井上みほ

STUDIO4賞
『rain town』 石田祐康

コアミックス賞
『ポンタと遠足』 ガリレオ・コジロー(ARPLANTS)

スタジオディーン賞
『トリップ・トラップ・マップ』 白井孝奈

ジブリ美術館賞
『rain town』 石田祐康
『PAPERBOY』 杉山順哉 

入選(ノミネート)
『チルリ』 川崎健司
『セピア色のとけい』 きのしたがく
『さまよう心臓』 秦俊子

ギャグアニメ部門

グランプリ
『flying penguin』 カモユウジ

入選(ノミネート)
『くり子とネコ』 石井健太
『空腹とブレーカー』 井上みほ
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集