外務省 第4回国際漫画賞発表 最優秀賞は中国の作家に | アニメ!アニメ!

外務省 第4回国際漫画賞発表 最優秀賞は中国の作家に

国際漫画大賞の受賞作を発表した。最優秀賞には中国人作家のXiao Baiさん

ニュース
注目記事
 外務省は2007年にスタートし、今回で4回目を迎えた国際漫画大賞(International MANGA Award)の受賞作を発表した。最優秀賞には中国人作家のXiao Baiさんが描きベルギーのマンガ出版社KANAからフランス語圏で刊行された『Si loin et si proche・・・』が選ばれた。
 作品は北京の大学寮に生活する女子大学生の前に未来からやってきた自分の息子が訪ねてきたことをきっかけに始まる物語で、SF仕立ての中に友情や恋愛、将来などの様々な問題を描いた。

 最優秀賞は第1回、第2回と香港の作家が受賞しており、中華圏の作家が受賞するのは3度目となる。また、アジア以外の出版社の作品が最優秀賞となったのは今回が初めてである。
 優秀賞は3作品、フランスの『Face cache 1巻』(作者:Olivier Martin、原作者:Sylvain Runberg)、スペインの『La Isla sin Sonrisa』(Enrique Fernández)、タイの『“The story begins with ・・・”』(VERACHAI DUANGPLA)である。このほか入賞として6作品が選ばれている。

 国際漫画賞はポップカルチャーの外交への活用を目指して創設されたもので、海外で活躍するマンガ作品のから毎年優れた作品を選出する。本年は昨年の世界55ヶ国・地域303作品から減少したものの、39ヶ国・地域という世界の広い地域から189作品の応募があった。作品は十社会(秋田書店、角川書店、講談社、集英社、小学館、少年画報社、新潮社、白泉社、双葉社、リイド社)による一次選考を経て、審査委員会により決定された。今年の審査委員長はマンガ家の里中満智子さん、そして審査委員はモンキー・パンチさん、矢口高雄さん、八窪頼明さん、吉留博之さんらが務めた。今後、授賞式を2月以降に開催する予定である。

国際漫画賞 /http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/culture/koryu/pop/manga/index.html

第4回国際漫画賞

最優秀賞
 『Si loin et si proche・・・ 』 (ベルギー)  
 作者: Xiao Bai (中国)

優秀賞
 『Face cache 第1巻』 (フランス)  
 作者: Olivier Martin(フランス)  原作者: Sylvain Runberg(フランス)
 『La Isla sin Sonrisa』 (スペイン)
 作者: Enrique Fernández (スペイン)
 『“The story begins with ・・・”』 (タイ)
 作者: VERACHAI DUANGPLA(タイ)

広告の後にも続きます
入賞
 『Green Candy Press』 作者: Abby Denson (米国)
 『KYLOOE』 (ベルギー) 作者: Little Thunder 中国
 『The little polar bear』 作者: CHANG Fung-Chih (台湾)
 『PANDORA BOOK』 作者: AKEKARAT MILINTAPAS (タイ)
 『The passionate sword』 
 作者: YEH Yu Tung  原作者: SYU SHU HAO (台湾)
 『SAMURAI』 (フランス)
 作者: Frederic GENET (ベルギー) 
 原作者: Jean-Francois DI GIORGIO (フランス)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集