7月8日を菌労感謝の日に ドラマ「もやしもん」いよいよ放映スタート | アニメ!アニメ!

7月8日を菌労感謝の日に ドラマ「もやしもん」いよいよ放映スタート

イベント・レポート

moyashimon1.JPG 石川雅之さんの描くマンガ『もやしもん』を実写化したドラマ『もやしもん』が、7月8日25時からフジテレビ「ノイタミナ」ほかにて放送を開始する。中村優一さん演じる菌と会話出来る主人公 沢木惣右衛門直保と、彼が所属する農大の個性的なキャラクター達が巻き起こす騒動を描くものだ。
 その放映直前の番組を盛り上げるスペシャル企画が、7月7日にフジテレビ 湾岸スタジオにて行なわれた。スペシャル企画はドラマ『もやしもん』が7月8日にスタートするのにちなみ、この日を菌労感謝の日と定めるものだ。

moyashimon2.JPG 日本記念日協会から発行された菌労感謝の日の認定書を受け取るべくスタジオに現れたのは、番組のキャラクターそのままのつなぎ姿の中村優一さん、そしてこちらも番組の中そのままボンテージ姿に白衣姿の加藤夏希さんである。加藤夏希さんの役は、農大大学院生にも関らず常にボンテージファッションで鞭をふるうドSな性格の長谷川遥である。
 さらに、今回新たなキャストとして、サプライズで発表されたAKB48の板野友美さん。板野友美さんは番組に登場するアイドル タナキョーこと田中恭子役演じる。

 トークでは8日から始まる番組が話題に。中村優一さんは作品の見どころとしてCGの凄さを挙げる。「CGが半端でない。技術力に驚かされた」と絶賛。
 ドラマ『もやしもん』はアニメ番組放映枠「ノイタミナ」初の実写作品だが、中村優一さんによれば「ドラマとアニメが融合、合体した感じ」となる。実写でもアニメでもない新しい映像が登場する。

 もうひとつ、そんなCGの技術力が発揮されたのは、映像の季節の調整だ。実は今回の撮影は真冬の2月から行なわれたが、作品では春から始まるストーリーになっている。
 「画面をみたら季節が変わって春になっているので本当に驚いた」と中村さん、加藤夏希さんも「何もない田んぼで撮影したのに、いつの間にか青々した春に変わっていた」とかなりビックリした様子。3Dで登場する菌たちだけでなく、思わぬところで発揮されている数々のCG、VFXは見どころになるだろう。

 真冬にボンテージファッションで撮影に挑んだ加藤夏希さんに、MCのサンキュータツオさんから「寒くなかったんですか」と質問が。
 「最初薄いと思ったけれど、皆な一緒だなという気持ちで乗り切った」とプロらしい発言。むしろ、動くといろいろと大変な衣装だったので気を遣ったという。一方、中村さんは「僕はつなぎだったので一番暖かかった」と話した。
 人気マンガと魅力的な役者たち、そして日本でトップクラスとされる白組のCGが結集したドラマ『もしゃしもん』がいよいよスタートする。

ドラマ『もしゃしもん』 /http://moyashimon.noitamina.tv/

        moyashimon3.JPG
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集