時代を超えても、デザインコンセプトは揺るがない。(c) 円谷プロ