「呪術廻戦」釘崎野薔薇の折れることのない信念【キャラ解説連載(3)】 | アニメ!アニメ!

「呪術廻戦」釘崎野薔薇の折れることのない信念【キャラ解説連載(3)】

『呪術廻戦』キャラクター解説連載第3弾。こちらでは、釘崎野薔薇編をお届け。

コラム・レビュー
注目記事
(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
  • (C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
  • (C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
2018年から「週刊少年ジャンプ」で連載中の大人気漫画『呪術廻戦』(著:芥見下々)。コミックスの累計発行部数は最新19巻で6500万部を突破。初の劇場映画となる『劇場版 呪術廻戦 0』は、4月28日時点で興行収入135億円超と大ヒットを記録中。7~8月には舞台版の上演も控えており、2023年にはTVアニメの第2期が放送開始予定だ。

※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります


現在ジャンプ本誌で連載中の「死滅回游」編では、大量に新キャラクターが登場し、バトル描写含めてさらに作品のテイストやカラーに変容が見られる『呪術廻戦』。アニメ!アニメ!では、『呪術廻戦』呪胎戴天編の放送に伴い、「虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)」「伏黒恵(ふしぐろ・めぐみ)」「釘崎野薔薇(くぎさき・のばら)」「五条悟(ごじょう・さとる)」の4人のキャラクターにそれぞれフォーカスし、その魅力を考察する短期集中連載を実施する。

なお、言及範囲に関してはアニメ1期&劇場版までに留めるため、アニメ勢の方もご安心を(原作コミック8巻第63話まで。ただ、今後のアニメ化予定のエピソードでそれぞれのキャラに壮絶な試練が多数巻き起こるため、ぜひ原作も追いかけていただきたい)。

第3弾となる本稿では、釘崎野薔薇にフォーカスを当てる。

※以下の本文にて、本テーマの特性上、作品未視聴の方にとっては“ネタバレ”に触れる記述を含みます。読み進める際はご注意下さいませ。


そもそも『呪術廻戦』って?


人の負の感情から生まれた“呪い”と、それを祓う“呪術師”の戦いを描く物語。「呪いの王」と称される両面宿儺の“器”となった高校生・虎杖悠仁は、呪術師としての訓練を積むために養成機関である東京都立呪術高等専門学校(通称:呪術高専)に入学。仲間たちと共に、様々な任務をこなしていく。


TVアニメ『呪術廻戦』PV第1弾

基本的な人物情報:釘崎野薔薇編


まずは釘崎野薔薇(くぎさき・のばら)の基本情報をおさらいしよう。東北(のどこか)出身の16歳。東京都立呪術高等専門学校1年生であり、3級呪術師。虎杖や伏黒よりも1歳年上なのは、高専入学時期をめぐって呪術師の祖母とモメたからと推察される(自身の手元で育てたい祖母と上京したい釘崎が衝突)。

ぱっと見、口が悪く好戦的なタイプに見えるが、自分の生きざまを貫く信念と死への覚悟を持った肝の据わった人物。高専のパンダ先輩が「怖い…」と引くほど“口撃”のレパートリーが豊富で(TVアニメ第16話)、レディの気遣いを有している(TVアニメ第24話)。

排他的な小村に生まれ育ち、周囲の人間を忌み嫌っていたが、小学校1年生のときに引っ越してきた「沙織ちゃん」と出会い、彼女の地元である東京への憧れを強める。その後、村八分にされた沙織と家族が村を出ていったことで、「村にいたら死んだも同然」と自らも村を出ることを決意した。そのため、任務の成果に応じて給料が支払われる&寮が完備されており、金銭的な不安が和らぐ呪術高専入りを目指した、という背景がある(TVアニメ第3話より)。


キャラクタームービー 釘崎野薔薇(CV:瀬戸麻沙美)

戦闘スタイル:釘崎野薔薇編


釘や金槌、藁人形などを通して対象の体内に呪力を流し込む「芻霊呪法(すうれいじゅほう)」を使う。近距離と遠距離どちらにも応用でき、TVアニメ第3話で初出した「共鳴り」は、相手の体の一部を入手し(髪の毛や血液でも可。ただし威力は落ちる。反対に希少部位だと効果は絶大)、藁人形と共に釘で刺すことで本体に攻撃を伝播させる遠距離タイプの攻撃。第24話で披露した「簪(かんざし)」は、対象に直接釘を打ち込む近距離タイプ。攻撃範囲の広さが、この術式の大きな強みだ。京都校との交流会(第17話)では、箒で空を飛ぶ西宮桃に「共鳴り」「簪」を駆使して戦い(木に刺した釘を足場にするという応用技も!)、一気に形勢逆転を収めた。

釘崎自身、地元で呪術師家業を行っていた“経験者”ではあるものの、高専で虎杖・伏黒や2年生の先輩と切磋琢磨するなかで、才能をめきめきと伸ばしていく。TVアニメ第24話では、黒閃(打撃との誤差0.000001秒以内に呪力が衝突した際に生じる空間のひずみ。技の威力が平均で通常の2.5乗のクリティカルヒットとなる)までも獲得した。その成長曲線は、京都校の東堂葵と術師・冥冥が虎杖・伏黒と共に一級術師に推薦するほど(術師の昇級は、推薦→任務→審査で決まる)。


TVアニメ『呪術廻戦』24話挿入歌「REMEMBER」リリックビデオ(セリフ・SE無しアニメ映像)

主義・信念:釘崎野薔薇編


先にも述べたとおり、釘崎は「後悔のないように生きる」を芯としている人物。TVアニメ第3話では虎杖の「(東京に住みたいという理由で)命懸けられるの?」という問いに対して「懸けられるわ。私が私であるためだもの」と即答。第4話では任務中に“呪い”に食べられそうになるも「オマエ顔覚えたからな。絶対呪ってやる」と一切退くことはない。

前述の沙織の件があったからこそ、自分らしさを排除しようとする他者に強い嫌悪感を示す釘崎。第17話では、呪術界の理不尽を説きつつ、仲間である虎杖や敬愛する禪院真希を愚弄した西宮に対して「不幸なら何しても許されんのかよ。(中略)“完璧”も“理不尽”も応える義務がどこにある? テメェの人生は仕事かよ」と啖呵を切り、「私は綺麗にオシャレしてる私が大好きだ!! 強くあろうとする私が大好きだ!! 私は『釘崎野薔薇』なんだよ!!」と絶叫。折れることのない釘崎の信念を存分に感じられる名場面といえる。

第24話では、受肉した受胎九相図である壊相と血塗を「殺した」ことについて「私の…人生の席…っていうかそこに座ってない人間に私の心をどうこうされたくないのよね」と語る。この「人生の席」は、その後の釘崎を見ていくうえでも重要なキーワードとなっていく。

このように、自己愛が印象的な釘崎だが、第24話では苦悩する虎杖に「共犯ね、私達」と声をかけて元気づけたり、その後に伏黒から「虎杖が宿儺を取り込んだことで、呪いが活発化する“共鳴”」についての口止めを頼まれた際に「……言わねぇよ。レディの気遣いナメんな」と返す義理堅い一面も。禪院から嫌がらせを受ける真希をサポートしようと奮闘したり(第8・16・17話では真依や西宮に激怒)、虎杖が死亡した際には「(会って2週間やそこらの)男が死んで泣き喚く程チョロい女じゃないのよ」と哀しみをグッとこらえて気丈にふるまう(第5話)など、非常に仲間想いの人物だ。

第1期の中での歩み:釘崎野薔薇編


戦力としてはもちろんのこと、ゆるぎない“心の強さ”を見せつけ続ける重要キャラ・釘崎。最後に、彼女の歩みを、TVアニメ第1期最終話(24話)までの内容でざっと振り返ってみよう。

第2話:東京へ向かう新幹線内で「スカウトされたらどうしよう」と妄想を膨らませる
第3話:虎杖・伏黒・五条悟と対面。虎杖と共に呪いを撃破
第4話:虎杖・伏黒と少年院の任務へ。呪いに食われかけるも、伏黒に救出される。カエル苦手と判明
第5話:虎杖の死を知り、もっと強くなるべく修行を決意
第6話:真希・パンダ・狗巻棘ら上級生と訓練。パンダに投げ飛ばされる。その後原宿に服を買いに行く
第8話:京都校の真希の妹・真依とバトる。おろしたてのジャージに穴を空けられる
第9~第13話:京都校との交流会に向けて特訓
第14話:虎杖と再会(ちょっと泣く)
第15~21話:京都校の西宮と戦闘。その後、呪詛師の重面春太にケンカを売る
第22話:任務で虎杖・伏黒と伏黒の母校へ
第23話:受胎九相図・血塗と戦闘勃発
第24話:黒閃を会得。虎杖と共犯関係に。レディの気遣い発動


そののちは、五条の過去を描く「懐玉編」「玉折編」を経て、超ボリュームの「渋谷事変編」へと突入。原作では釘崎のさらなる過去編も描かれるため、アニメ化を楽しみに待ちたい。

(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

『呪術廻戦』TVアニメを見るならコチラ!
プライムで観る/30日間の無料体験を開始する
※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります

※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります

《SYO》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集