木村良平&立花慎之介が語る見どころとは?「魔道祖師」が原作の中国ドラマ「陳情令」インタビュー公開 | アニメ!アニメ!

木村良平&立花慎之介が語る見どころとは?「魔道祖師」が原作の中国ドラマ「陳情令」インタビュー公開

アニメ化もされた小説『魔道祖師』を原作とする中国発のロマンスドラマ『陳情令』の吹替版が、4月14日0時30分よりWOWOWでの放送・配信をスタートする。これに先駆け、魏無羨役の木村良平と藍忘機役の立花慎之介のスペシャルインタビューが公開された。

ニュース
注目記事
『陳情令【吹替版】』魏無羨(ウェイ・ウーシエン)役の木村良平&藍忘機(ラン・ワンジー)役の立花慎之介(C)2019 Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited
  • 『陳情令【吹替版】』魏無羨(ウェイ・ウーシエン)役の木村良平&藍忘機(ラン・ワンジー)役の立花慎之介(C)2019 Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited
  • 『陳情令【吹替版】』魏無羨(ウェイ・ウーシエン)役の木村良平(C)2019 Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited
  • 『陳情令【吹替版】』藍忘機(ラン・ワンジー)役の立花慎之介(C)2019 Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited
  • 『陳情令【吹替版】』ポスタービジュアル(C)2019 Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

アニメ化もされた小説『魔道祖師』を原作とする中国発のブロマンスドラマ『陳情令』の吹き替え版が、2022年4月14日0時30分よりWOWOWでの放送・配信をスタートする。これに先駆け、魏無羨(ウェイ・ウーシエン)役の木村良平と藍忘機(ラン・ワンジー)役の立花慎之介のスペシャルインタビューが公開された。

『陳情令』は、緻密で壮大なストーリーと耽美な世界観が話題を呼び、昨年には中国での視聴回数が100億回を突破するなど世界中を魅了しているメガヒットファンタジー・ブロマンス時代劇だ。
吹き替え版のキャストは、魏無羨(ウェイ・ウーシエン)役を木村良平、藍忘機(ラン・ワンジー)役を立花慎之介が担当。そのほか緑川光、早見沙織、森川智之、島崎信長、川澄綾子、石田彰、梶裕貴、土屋神葉、斉藤壮馬、花江夏樹、赤羽根健治らが名を連ねる。

このたび公開されたスペシャルインタビューでは、木村と立花の『陳情令』との出会いや自身が演じるキャラクター、2人が思う本作の見どころなどが語られている。なお、この対談の模様は第1弾と第2弾にわけ、第1弾はWOWOWのオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開中、第2弾は19日18時に公開予定だ。

また、第1話の無料放送にあわせ、作品をより一層楽しむ企画「WOWOW同時鑑賞会」の開催が決定した。『陳情令【吹替版】』を見ながら「#陳情令吹替版」をつけてツイートして盛り上がりたい。

<以下、インタビュー全文掲載>


――「陳情令」を初めてご覧になった時の印象を教えてください。


木村僕らは最初「陳情令」のダイジェスト版の吹替でキャスティングされてるんですよ。
立花それもアニメの「魔道祖師」をやる前に。
木村その時はドえらい内容が濃そうなドラマだなと思いました。
立花あと出演者がイケメン・美女ばっかりなんだよね。
木村ずっと見てられる。みんなきれいだし、ほんとかっこいいよね。
立花江厭離(ジャン・イエンリー)、かわいいよね。
木村「陳情令」のキャストのみなさんって表情に力のある人が多くて、表情でキャラクターが伝わってくる。というといま悪役の温晁(ウェン・チャオ)を思い浮かべた方も多いと思うんですけど(笑)。
立花やっぱり魏無羨(ウェイ・ウーシエン)と藍忘機(ラン・ワンジー)がものすごくキャラに合った顔をしているなって。
木村それな!
立花俳優さんって体全体とオーラを使ってキャラになりきるじゃない。魏無羨の活発で快活な感じは顔からもう見えるし、藍忘機のキリっとした雰囲気も役者の全体から伝わってくる。
木村でも藍忘機役のキャストご本人はすごく奔放な人なんだって。
立花じゃあ自分をぐっと抑えてるのか。
木村それが芝居なんだよね。


――藍忘機と魏無羨はどんなキャラクターでしょうか?


木村魏無羨は快活で奔放で自由なようでいて、実はすごく物を考えたり成熟させていくタイプで、滅茶苦茶な頑固者、ですかね。
立花彼の中に絶対に曲げたくない部分があるんだよね。その奔放さと芯のあるところのギャップが好きですね。
木村そこがかわいくもあり、面倒くさいところでもあり。
立花藍忘機は竹みたいな人ですね。強い心 がある人で、そこからズレることをよしとしない。彼は変化が少しずつなんですよ。ちょっとした表情とか間とかで、吹き替えてる身からするとすごくわかりにくい。それがゆえに藍忘機なんだけど。
木村大局で見るといまこう思ってる、このために行動してるってわかりやすい。でもその瞬間の熱みたいなのは表に出さないからね。

――二人の関係性がドラマの魅力でもありますが、それぞれにとって相手はどういう存在だと思いますか?


立花最初の頃は、頑なに自分の世界だけを持っていた藍忘機に、人生で初めて踏み込んできたのが魏無羨だったと思うんです。それによって藍忘機が変わっていって、お互いが認め合えた時に初めて知己(親友)になった。魏無羨を大事に思うようになって、親友だからこそなんとかしてあげたいと思うようになった。魏無羨は藍忘機が成長するのに必要なキーパーソンかな。
木村魏無羨にとっての藍忘機は、はじめはおちょくる対象、真面目だからこそからかったら面白いんじゃないかっていうくらいのね。でも実力的に自分も認めざるを得ない対等な相手で、ただ真面目なだけじゃなく根っこにすごいものを持っている。そんな藍忘機は魏無羨にとっても新鮮だっただろうし、自分にないものを彼の中に見つけたんじゃないかな。

――序盤での見どころなどを教えてください。


木村序盤にはやっぱり学園もののような楽しさがある。色々なキャラクターがいて、こういう関係性でこういう世界なのかって。
立花それぞれのキャラクターが深掘りされて、見せ場があるのが序盤ですね。
木村中盤になると派閥同士の 話や戦いに変わっていって、そこで序盤で描かれたキャラクターが生かされている。キャラクターたちが生きて苦しんで成長していくのがちゃんと描かれていると思います。


――では最後に、まだ「魔道祖師」「陳情令」を見ていない方にメッセージをお願いします。


木村ものすごく多面的でいろんな角度から楽しめる作品です。登場人物も多いし物語も長いですが、1話2話と見ていただけたらぐっと引きこまれると思いますので、吹替版から見ていただけたらと思います。
立花深く広く作られている作品なので、その世界観にも浸ってもらいたい。「陳情令」吹替版を見ていただいてからアニメ「魔道祖師」を見ていただくと物語が理解しやすく、楽しんでもらえるんじゃないかと思います!

『陳情令【吹替版】』
4月14日(木)午前0:30 放送・配信スタート(全50話)
【放送】毎週木曜 午前0:30[第1話無料放送]【WOWOWプライム】
【配信】放送終了後アーカイブ配信[無料トライアル実施中]【WOWOWオンデマンド】
<スタッフ>
原作:「魔道祖師」 墨香銅臭 監督:鄭偉文、陳家霖 脚本:楊夏、鄧窅瑜、馬競、郭光韻 音楽:林海
日本版制作:株式会社ソニー・ミュージックソリューションズ
<吹替版キャスト>
魏無羨(ウェイ・ウーシエン):木村良平 藍忘機(ラン・ワンジー):立花慎之介
江澄(ジャン・チョン):緑川光 江厭離(ジャン・イエンリー):早見沙織
藍曦臣(ラン・シーチェン):森川智之 温寧(ウェン・ニン):島崎信長
温情(ウェン・チン):川澄綾子 金光瑶(ジン・グアンヤオ):石田彰
金凌(ジン・リン):梶裕貴 藍思追(ラン・スージュイ):土屋神葉
藍景儀(ラン・ジンイー):斉藤壮馬 聶懐桑(ニエ・ホワイサン):花江夏樹
金子軒(ジン・ズーシュエン):赤羽根健治 温晁(ウェン・チャオ):吉野裕行
王霊嬌(ワン・リンジャオ):阿澄佳奈 羅青羊(ルオ・チンヤン):Lynn
江楓眠(ジャン・フォンミエン):浜田賢二 虞紫鳶(ユー・ズーユエン):本田貴子
藍啓仁(ラン・チーレン):酒巻光宏 金光善(ジン・グアンシャン):速水奨
温若寒(ウェン・ルオハン):三宅健太 温逐流(ウェン・ジューリウ):酒井敬幸
聶明玦(ニエ・ミンジュエ):白熊寛嗣 蘇渉(スー・ショー):こばたけまさふみ
薛洋(シュエ・ヤン):内山昂輝 暁星塵(シャオ・シンチェン):石川界人
宋嵐(ソン・ラン):江口拓也

(C)2019 Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります

魔道祖師
プライムで観る/30日間の無料体験を開始する
※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がアニメ!アニメ!に還元されることがあります

《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集