細田守監督 「未来のミライ」&「時をかける少女」Huluで配信! 最新作「竜とそばかすの姫」公開記念 | アニメ!アニメ!

細田守監督 「未来のミライ」&「時をかける少女」Huluで配信! 最新作「竜とそばかすの姫」公開記念

細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』の7月16日公開を記念して、2018年公開の監督作『未来のミライ』が、「Hulu」にて6月1日より最速配信されることがわかった。また、2006年公開の監督作『時をかける少女』も、「Hulu」にて同日より配信されることが決定した。

ニュース
注目記事
『未来のミライ』(C)2018 スタジオ地図
  • 『未来のミライ』(C)2018 スタジオ地図
  • 『時をかける少女』(C)「時をかける少女」製作委員会 2006
  • 『竜とそばかすの姫』(C)2021 スタジオ地図
細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』が7月16日から公開されることを記念して、第42回日本アカデミー賞で最優秀アニメーション作品賞を受賞した2018年公開の監督作『未来のミライ』が、オンライン動画配信サービス「Hulu」にて6月1日より最速配信されることがわかった。
また、2006年公開の監督作『時をかける少女』も、「Hulu」にて同日より配信されることが決定した。

定額制動画配信サービスで初配信となる『未来のミライ』は、生まれてきたばかりの妹の存在に戸惑う4歳の男の子が、未来からやってきた妹と出会い、時を超えた家族の物語をめぐる旅に出発するファンタジー。
第42回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞のほか、第91回米国アカデミー賞では長編アニメーション映画賞にノミネート。「アニメ界のアカデミー賞」と呼ばれる第46回アニー賞長編インディペンデント作品賞などに輝いた、世界的にヒットした話題作だ。

『時をかける少女』(C)「時をかける少女」製作委員会 2006
『時をかける少女』
一方、2006年に公開された『時をかける少女』は、筒井康隆原作の同名小説を細田監督が再構築したもの。時間を飛び越えて過去に飛べる能力“タイムリープ”を突然手にした、少女のひと夏の淡い青春が描かれる。
第30回日本アカデミー賞の最優秀アニメーション作品賞、第31回アヌシー国際アニメーション映画祭の長編映画部門特別賞など、こちらも国内外の映画祭で多くの賞を射止めた作品となる。

7月16日の最新作『竜とそばかすの姫』の公開に備えて、細田守ワールドを「Hulu」で存分に楽しんでみたい。

『未来のミライ』
(C)2018 スタジオ地図
『時をかける少女』
(C)「時をかける少女」製作委員会 2006
『竜とそばかすの姫』
(C)2021 スタジオ地図
《仲瀬 コウタロウ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集