スタジオジブリ最新作「アーヤと魔女」公開延期 東宝が発表「新型コロナウィルスの感染状況に鑑みまして」 | アニメ!アニメ!

スタジオジブリ最新作「アーヤと魔女」公開延期 東宝が発表「新型コロナウィルスの感染状況に鑑みまして」

2021年4月29日にロードショー予定だったスタジオジブリ最新作『アーヤと魔女』の公開延期が決定した。

ニュース
注目記事
『アーヤと魔女』ポスタービジュアル(C)2020 NHK, NEP, Studio Ghibli
  • 『アーヤと魔女』ポスタービジュアル(C)2020 NHK, NEP, Studio Ghibli
2021年4月29日にロードショー予定だったスタジオジブリ最新作『アーヤと魔女』の公開延期が決定した。

『アーヤと魔女』は、『ハウルの動く城』などで知られる作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズの児童向け小説を原作に、企画・宮崎駿、監督・宮崎吾朗、プロデューサー・鈴木敏夫で贈るスタジオジブリ初のフル3DCGアニメーション作品だ。

ロードショーを目前に控えた4月23日、本作の配給を務める東宝株式会社が「この度、2021年4月29日より公開を予定しておりました『アーヤと魔女』につきまして、新型コロナウィルスの感染状況に鑑みまして、公開を延期させていただきます」と発表。
続けて「作品の公開を楽しみにお待ち頂いていた皆様には誠に申し訳なく、心よりお詫び申し上げます」との謝罪の言葉を綴った。

なお、事前に購入した前売り券は延期したあとも使用可能とのこと。
今後の公開予定については、決定し次第、東宝の公式サイトにて発表予定。続報を待ちたい。

(C)2020 NHK, NEP, Studio Ghibli
《CHiRO★》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集