寿美菜子、アーティストデビュー10周年を振り返る! とくに影響を与えた楽曲とは…【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK第7回】 | アニメ!アニメ!

寿美菜子、アーティストデビュー10周年を振り返る! とくに影響を与えた楽曲とは…【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK第7回】

現在イギリスで生活中の声優・寿美菜子さんが、イギリスでどんな日常を送っているのか、寿さんの言葉でリアルに伝えていくインタビュー連載。第7回は、イギリスらしさあふれる『ハリー・ポッター』にまつわるお話や、アーティストデビュー10周年を振り返る貴重なお話も。

インタビュー
注目記事
寿美菜子、アーティストデビュー10周年を振り返る! とくに影響を与えた楽曲とは…【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK第7回】
  • 寿美菜子、アーティストデビュー10周年を振り返る! とくに影響を与えた楽曲とは…【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK第7回】
  • 寿美菜子、アーティストデビュー10周年を振り返る! とくに影響を与えた楽曲とは…【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK第7回】
  • 寿美菜子、アーティストデビュー10周年を振り返る! とくに影響を与えた楽曲とは…【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK第7回】
  • 寿美菜子、アーティストデビュー10周年を振り返る! とくに影響を与えた楽曲とは…【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK第7回】
  • 寿美菜子、アーティストデビュー10周年を振り返る! とくに影響を与えた楽曲とは…【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK第7回】
  • 寿美菜子、アーティストデビュー10周年を振り返る! とくに影響を与えた楽曲とは…【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK第7回】
  • 寿美菜子、アーティストデビュー10周年を振り返る! とくに影響を与えた楽曲とは…【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK第7回】
  • 寿美菜子、アーティストデビュー10周年を振り返る! とくに影響を与えた楽曲とは…【寿美菜子のAnother Wonderland in the UK第7回】
現在イギリスで生活中の声優・寿美菜子さんが、イギリスでどんな日常を送っているのか、寿さんの言葉でリアルに伝えていくインタビュー連載「寿美菜子のAnother Wonderland in the UK」。

前回は、寿さんが自ら撮った写真とともにイギリス生活を振り返りつつ、29歳を間近に控えた今、イギリスで迎える誕生日についてどのような思いを抱いているのかお聞きしました。

第7回となる今回も、寿さんが撮った写真とともに先月のイギリス生活を巡ります。イギリスらしさあふれる『ハリー・ポッター』満載の写真のほか、先月のお誕生日をどのように過ごしたのか、さらにアーティストデビュー10周年を振り返る貴重なお話も聞くことができました。ファン必見です!
[取材・文=米田果織]

■対面授業がスタート!クラスメイトとの交流は?


――学校では対面授業が始まったそうですね。この1か月、周りの環境が大きく変化したのでは?

寿:クラスメイトとご飯を食べに行ったり、一緒に帰ったりと、これまででもっとも充実した学校生活を送っています。

――新しく始まった授業はいかがでしょうか?

寿:かなりハードになりました…! 内容もそうですが、みんな「言語を学ぶ」という強い意思を持って授業に出ているので、先生への質問の量がとてつもないんです。先生が「これはあなただけの授業じゃないから、また今度話すね」と止めるくらいで(笑)。
自分が意見を出したくても、順番を待っていたらすぐ次に行ってしまうので、前のめりな姿勢で学ばなければいけないことを痛感しています。

広告の後にも続きます

――通学されているとのことで、イギリスの交通機関や街の様子はいかがですか?

寿:私の場合、学校まで歩いて行ける距離なので、交通機関は基本的に使用していないのですが、休日に電車を使って街に出てみても人通りはあんまり多くないですね。

そういえば、ラジオのリスナーさんに片道2時間かけて学校に通っているという方がいたんです。「外出自粛期間のオンライン授業では、通学時間が短縮されて良かった」と話していて、「確かに! 通学・通勤時間の長い人にとっては、オンラインの方が良いかもな」と思いました。

――日本では、朝は満員電車になるという光景が戻ってきつつあるように感じます。では、ここからは寿さんのお写真と共にイギリスの現状や、さらにこの1カ月に起こったことをお聞かせください。

■イギリスで『ハリー・ポッター』を満喫♪ 貴重な動画も満載



――これは先月行われた生配信(9月19日実施)でも言っていた、「ハリー・ポッタースタジオ」のお写真ですね。私も拝見していたのですが、ハリポタファンとして始終羨ましかったです!


寿:写真では一部しか見せられなくて残念ですが、これは『ハリー・ポッターと賢者の石』の中に出てくる巨大チェスのコマです。スタジオの前に、銅像として置かれていました。

――スタジオはかなり大きな建物のようですね。

寿:ここで実際に撮影が行われていたのに加えて、この中には『ハリー・ポッター』に出演する子どもたちのために学校まで作ったそうなので相当広いです。当時はその学生たちはここで勉強をし、1日4時間限定で撮影していたようです。

――そうだったんですね! 続いて、こちらのお写真は?


寿:これは、ロンドンにある「MinaLima(ミナリマ)」(※1)のお店です。お店の中には魔法書や新聞などが飾ってあり、その絵や文字などもすべてミナリマのふたりが手掛けていて、実際に見てもその丁寧さや美しさに感動しました。ちなみに、大阪にも期間限定でポップアップショップがオープンしています(※2)。

※1:『ハリー・ポッター』と『ファンタスティック・ビースト』の魔法の世界観を生み出したグラフィックデザイナー、ミラフォラ・ミナとエドゥアルド・リマによって設立されたデザインスタジオ

※2:2019年4月12日に大阪・南堀江に期間限定でオープン。当初は1年間の開催を予定していたが、好評につき営業を継続中(2020年10月31日現在)。

――続いての動画は、『ハリー・ポッター』でお馴染みのバタービールじゃないですか?


寿:そうです~♪ 『ハリー・ポッター』の劇中にもある、飲んだら泡がついてヒゲみたいになっちゃうのを再現してみました(笑)。「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」のハリー・ポッターエリアでもバタービールを飲んだことはありますが、今回はより美味しい!という感想を抱きました。

――これは「キングス・クロス駅」のお写真ですね。写真が2枚あります。



寿:キングス・クロス駅って、2つあるんです。フランスに繋がっている大きい駅と、ロンドン市内へ続く電車が走る小さい駅です。
2年前にイギリスに来た時も見ていたのですが、その時はあまり思い入れがなくて「これがあの有名な」くらいにしか思っていなかったのですが、今回『ハリー・ポッター』好きの友達と一緒にスタジオを巡ったり、映画を観直した後に行くと「うわ~!」と感動もひとしおでした。

――このアフタヌーンティーも、『ハリー・ポッター』をイメージしたものなのでしょうか?




寿:これは“ハリー・ポッター風”ですね(笑)。ウィザードアフタヌーンティーというのですが、フクロウの鳥かごの中にアフタヌーンティーセットが置いてあるんです。すっごく美味しくて目も舌も楽しめました。

――色合いが、ハロウィンにピッタリですね。海外のハロウィンは家の装飾にかなりこだわっているイメージがあるのですが、イギリスはいかがですか?

寿:イギリスはハロウィンより、もうすでにクリスマスが始まっている感じです。お店で売られているのは、ほぼクリスマスのものになってしまいましたね。
ホストファミリーも「ハロウィンのデコレーションは3日前くらいからでいいかな?」と言っていました。それでも私のためにカボチャをゲットしてくれたので、一緒にカービングしてジャック・オー・ランタンを作ろうと思っています。

――楽しそう! 次のお写真は、寿さんがまるで魔女のコスプレをしているような一枚ですね。


寿:ここは、先ほどのアフタヌーンティーをしたホテルのお部屋です。友達がグリフィンドールのローブと杖を持っていたので、借りて撮影させてもらいました。

――ベッドにさりげなく「ピケット」(※『ファンタスティック・ビースト』に登場する魔法動物)がいますね(笑)。

寿:これもお友達が持ってきてくれました! このホテルに実際に泊まったのですが、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』を一緒に見ながらハリー・ポッター愛を語り合いました。


→次のページ:29歳の誕生日はどんな1日を過ごした?
《米田果織》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集