今さら聞けない“木村昴”入門。~「ジャイアン」デビューから「ヒプマイ」まで輝かしい経歴をプレイバック | アニメ!アニメ!

今さら聞けない“木村昴”入門。~「ジャイアン」デビューから「ヒプマイ」まで輝かしい経歴をプレイバック

『ドラえもん』ジャイアン役をはじめ、さまざまな作品に出演する声優・木村昴。そこで今回は、木村さんを詳しく知りたいという方に向けて、彼の活動を振り返りながらご紹介。

ニュース
注目記事
東堂葵役・木村昴
  • 東堂葵役・木村昴
  • 『アクダマドライブ』(C)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会
  • 『池袋ウエストゲートパーク』キービジュアル(C)石田衣良/文藝春秋/IWGP製作委員会
  • 『呪術廻戦』キービジュアル(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
  • 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』新ビジュアル(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2020
  • 「『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Anima」キービジュアル(C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Anima製作委員会
『ドラえもん』ジャイアン役をはじめ、さまざまな作品に出演する声優・木村昴。
活躍は声優業だけに留まらず、バラエティ番組や歌番組への出演も。
そこで今回は、木村さんを詳しく知りたいという方に向けて、彼の活動を振り返りながらご紹介。
あわせて、これから出演する秋アニメ作品も予習していこう。

■2005年、中学生でジャイアンになる


『映画ドラえもん のび太の新恐竜』新ビジュアル(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2020
『映画ドラえもん のび太の新恐竜』新ビジュアル(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2020
ドイツ人と日本人の間に生まれ7歳までドイツで過ごした木村さん。日本に移住してからは劇団に所属し、子役として活動を始めた。

そして、2005年、『ドラえもん』のジャイアン役に抜擢。華々しく声優業をスタートさせたものの、次作となる2011年の『輪るピングドラム』まではジャイアンに専念していた。何を喋ってもジャイアンになるため、『輪るピングドラム』のオーディションを受けた際には、幾原邦彦監督に「君は面白いね、君ほどヘタクソな人に僕は会ったことがない」と言われてしまう。
そこで脱・ジャイアンに一念発起しジャイアン役以外も演じられるようになり、本人も大きな転機になったと語っている。

以降は『ピンポン THE ANIMATION』アクマ(佐久間学)、『暗殺教室』寺坂竜馬、『遊☆戯☆王VRAINS』草薙翔一など役の幅を広げていった。

▼過去のインタビュー記事
“ジャイアンデビュー”から13年…木村昴、声優キャリアを振り返る「最初は記念受験のつもりだった」

■音痴やラッパー、時々王子様にも変身!?


そしてジャイアン役も15年目となり、ボエボエと歌声を響かせる木村さん。音楽はヒップホップを好んでいたこともあり、男性声優×ラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』ではイケブクロ・ディビジョン Buster Bros!!!(バスター ブロス)の山田一郎を演じ、意気揚々とラップを披露している。


以前のインタビュー記事ではラップバトルも快く引き受けてもらい、さらには編集部員とマイメン(親友)にまでなってくれた思い出も……。

広告の後にも続きます
▼過去のインタビュー記事
声優・木村昴にインタビューしに行ったら、いつのまにかラップセッションになってた

また、「Disney 声の王子様」では『ライオン・キング』の「王様になるのが待ちきれない」を歌唱。ライブ配信を行うほか、FNS歌謡祭にも出演し歌声を披露した。



■“強そう”なキャラを演じているけど…普段はお茶目な30歳


ガキ大将、ラッパーなど、やんちゃな役どころが多く見受けられる木村さん。本人の容姿もオールバッグでひげを生やしており、ワイルドな印象だ。
しかし、Twitterやインスタグラムの投稿を見てみると、思わず笑ってしまうおちゃらけた内容が多い。作品のキャラクターはもちろん、木村昴本人にも惹かれずにはいられないだろう。




また、ABEMAにて配信中のトークバラエティ番組「声優と夜あそび 繋(コネクト)」のMCも担当。平日毎日、金田朋子とともにはっちゃけたトークを繰り広げている。


『映画ドラえもん』公開の際には、特別編として木村の師匠でもあるスネ夫役・関智一とともにMCを務めた。

▼「声優と夜あそび」木村昴×関智一放送回記事
「声優と夜あそび」関智一と木村昴が「映画ドラえもん」を解き明かす 恐竜の誕生シーンは「すっごいリアリティ」

■秋アニメも“木村昴”を要チェケラ!!


気になる今後の活動についてだが、月曜レギュラーとして出演していた「おはスタ」の新MCを10月5日から担当することに決定。2001年に“おはキッズ”として出演するなど番組に縁がある木村さん。コメントでは「おはスタで一緒に最高の朝を迎えようぜ!」と意気込んだ。



『アクダマドライブ』(C)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会『池袋ウエストゲートパーク』キービジュアル(C)石田衣良/文藝春秋/IWGP製作委員会

『アクダマドライブ』(C)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員・『池袋ウエストゲートパーク』キービジュアル(C)石田衣良/文藝春秋/IWGP製作委員会"
引き続き『ドラえもん』ジャイアンも務めるほか、10月スタート秋アニメ作品も多数出演。
『「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」Rhyme Anima』山田一郎役、『呪術廻戦』東堂葵役(両作10月2日~)、『かえるのピクルス - きもちのいろ 』(10月4日~)、『池袋ウエストゲートパーク』(10月6日~)ヒロト役、『アクダマドライブ』(10月8日~)チンピラ役を演じる。
キャラクターを見てみると、ラッパー、(呪術学校の)高校生、カラーギャング、犯罪者……と多種多様な“強面”キャラの模様。
一体木村さんはどのように演じるのか。どの作品も放送を楽しみに待ちたい。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集