「かくしごと」姫は友達の反応から、「うちは貧乏かも」と思い始め…第3話先行カット | アニメ!アニメ!

「かくしごと」姫は友達の反応から、「うちは貧乏かも」と思い始め…第3話先行カット

TVアニメ『かくしごと』より、4月16日(木)放送の第3話「やりくりサーカス」「漫画の実情と筋肉」のあらすじ、先行カットが到着した。

ニュース
注目記事
「かくしごと」第3話先行カット(C)久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会
  • 「かくしごと」第3話先行カット(C)久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会
  • 「かくしごと」第3話先行カット(C)久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会
  • 「かくしごと」第3話先行カット(C)久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会
  • 「かくしごと」第3話先行カット(C)久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会
  • 「かくしごと」第3話先行カット(C)久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会
  • 「かくしごと」第3話先行カット(C)久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会
  • 「かくしごと」第3話先行カット(C)久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会
  • TVアニメ『かくしごと』キービジュアル
TVアニメ『かくしごと』より、4月16日(木)放送の第3話「やりくりサーカス」「漫画の実情と筋肉」のあらすじ、先行カットが到着した。

TVアニメ『かくしごと』キービジュアル
TVアニメ『かくしごと』キービジュアル
『かくしごと』の原作は、『さよなら絶望先生』などで知られる久米田康治が「月刊少年マガジン」にて連載中の同名コミック。
何においても愛娘・姫を最優先とする親バカ・可久士は、自身の職業が「ちょっと下品なマンガを描いてるマンガ家」であることを姫に知られたくない。この“かくしごと”が知られたら、娘に嫌われてしまうかもしれない……そんな、愛と笑いとちょっとの感動を描く家族の物語だ。

第3話では、ゴトープロのアシスタントたちのケガから、可久士の原稿が危くなってしまう。


TVアニメ『かくしごと』先行カット
十丸院は新アシスタント・阿藤勇馬を紹介。しかし、可久士は「あの十丸院がマトモな新人を紹介するとは思えない」といぶかしがる。

一方で、姫は小学校のクラスメイトであるシルビア、ひな、莉子を自宅に招き。姫は周りの反応から“ある事”に気づく。

「お父さん、うち……貧乏なんでしょ?」と、否定する可久士をよそに、姫は節約を始めようとする。


TVアニメ『かくしごと』先行カット
TVアニメ『かくしごと第3話「やりくりサーカス」「漫画の実情と筋肉」は、2020年4月16日(木)からTOKYO MXほかにて放送。

広告の後にも続きます
TVアニメ『かくしごと』
◆放送情報
TOKYO MX:2020年4月2日から毎週木曜 24時00分~
サンテレビ:2020年4月2日から毎週木曜 24時30分~
BS日テレ:2020年4月2日から毎週木曜 23時30分~
AT-X:2020年4月2日から毎週木曜 23時30分~
リピート放送:毎週(土)15:30/毎週(日)23:00/毎週(水)7:30
<朝の家族放送>
TOKYO MX: 2020年4月5日から毎週日曜 11時00分~
※放送日時は変更になる場合がございます
※朝の家族放送はリピート放送となります

◆配信情報
dアニメストア:2020年4月2日から毎週木曜 24時00分~
dTV:2020年4月2日から毎週木曜 24時00分~ ほか

◆スタッフ
原作:久米田康治(講談社「月刊少年マガジン」連載)
監督:村野佑太
シリーズ構成・脚本:あおしまたかし
キャラクターデザイン:山本周平
総作画監督:西岡夕樹/遠藤江美子/山本周平
プロップデザイン:ヒラタリョウ
美術監督:本田光平
美術設定:岩澤美翠
美術:草薙
色彩設計:のぼりはるこ
撮影監督:佐藤哲平
撮影:旭プロダクション白石スタジオ
編集:白石あかね
音楽:橋本由香利
音響監督:納谷僚介
音響制作:スタジオマウス
音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ
アニメーション制作:亜細亜堂
製作:かくしごと製作委員会

◆キャスト
後藤可久士:神谷浩史
後藤 姫:高橋李依
十丸院五月:花江夏樹
志治 仰:八代 拓
墨田羅砂:安野希世乃
筧 亜美:佐倉綾音
芥子 駆:村瀬 歩
六條一子:内田真礼
ナディラ:加藤英美里
マリオ:浪川大輔
古武シルビア:小澤亜李
東御ひな:本渡 楓
橘地莉子:和氣あず未
千田奈留:逢田梨香子
汐越 羊:古城門志帆
城路久美:原 由実
大和力郎:小山力也
内木理佐:沼倉愛美

◆音楽
オープニング:flumpool「ちいさな日々」(A-Sketch)
エンディング:大滝詠一「君は天然色」(THE NIAGARA ENTERPRISES.)
(C)久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会
《宮崎二郎》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集