伝説の萌えソングユニット「UNDER17」の結成から解散まで…そして16年ぶり復活への想い 小池雅也【インタビュー】 | アニメ!アニメ!

伝説の萌えソングユニット「UNDER17」の結成から解散まで…そして16年ぶり復活への想い 小池雅也【インタビュー】

2002年から2004年までの、わずか2年間の活動期間にも関わらず、今なおオタクの間やエンタメ業界で語り継がれる存在「UNDER17」。ギター担当で現在は「ULTRA-PRISM」として活動する小池雅也さんに当時を振り返っていただいた。

インタビュー
小池雅也さん
  • 小池雅也さん
  • 小池雅也さん
  • 小池雅也さん
  • 小池雅也さん
  • 小池雅也さん
  • 小池雅也さん
  • 小池雅也さん
    2000年はじめ、秋葉原には現在と異なる文化があった。

    美少女PCゲームのブーム、歩行者天国での路上ライブ、そして萌えソング。
    現在のアニメシーンの礎となったそれら文化の中で、特に美少女ゲームの楽曲を手がけて萌えソングの分野を開拓した「UNDER17」の功績は計り知れない。

    さあ、今こそその「伝説」の軌跡を辿ろうではないか!


2002年に結成してわずか2年で解散したにも関わらず、今なお語られ続ける存在があった。
……その名は「UNDER17」。
秋葉原萌え文化黎明期に彗星の如く現れ、萌えソングの分野を大いに盛り上げたばかりか、萌えソングの中でも「電波ソング」と呼ばれるジャンルを切り拓いた開拓者である。

しかしその活動は決して華やかなものばかりではなく、脚光を浴びたことでその存在を強めた「影」もあった……。

「ススメ★萌でんぱ少年!!大復活祭2020!! ~過ぎさりし萌をもとめて~」(以下、「萌でんぱ少年」)という音楽イベントを7月22日に開催するにあたり、2000年はじめに巻き起こった「萌えソング」ブームを振り返る本企画。

前編では元ボーカル担当の桃井はるこさんに結成時のことや解散当時のことをうかがったが、後編となる今回は、元ギター担当で現在は「ULTRA-PRISM」として活動する小池雅也さんにUNDER17の音楽面と解散後の「萌えソング事情」をうかがった。
【取材=気賀沢昌志/構成=気賀沢昌志/撮影=小原聡太】

前編はコチラ▼
>16年ぶり復活…伝説の萌えソングユニット「UNDER17」がオタク文化に残した功績 桃井はるこ

■今、一番大切にしているのは「ULTRA-PRISM」



2002年に結成したUNDER17が2004年に解散した後、小池さんはフリーのクリエイター期間を経て、2009年に「ULTRA-PRISM(ウルトラプリズム/略称「ウルプリ」)」を結成した。ユニットパートナーは月宮うさぎさん。ボーカルとギターによる2ピースユニットである。

「UNDER17は異質でしたね。ULTRA-PRISMとして活動するようになってからも、男女ユニットで萌えソングを発信しているアーティストは少なかったと思います。しかも一部を残し、その音楽性のほとんどがアイドルソングへ行ってしまいました」

萌えソング自体、もともと恋愛要素の強い歌詞だったこと、かわいらしさをアピールするのに最適な楽曲ということで、勢いを落としていく美少女ゲームの代わりにグループアイドルの世界で愛されるようになっていく。

「萌でんぱ少年」の出演者では、UNDER17で確立したものが秋葉原のストリートが生んだ「LittleNon(リトルノン)」や、2008年に結成し2009年に改名した「でんぱ組.inc」に受け継がれ、2020年現在はおもにULTRA-PRISMとでんぱ組.incがジャンルを守っている状況だ。

「UNDER17解散後、僕はフリーの立場で作家活動を続けつつ、色々なアーティストのサポートをしてきました。その中で『自分の音楽』を見つめ直すうち、それを表現するためには、やはり可愛い声が一番相性がいいと思ったんです。
そんな時、たまたまネットを見ていて現在のユニットパートナーである月宮うさぎと出逢いました」

▼月宮さんツイート。ULTRA-PRISMでボーカルを担当する月宮うさぎさん。
当時の月宮さんは美少女ゲームメーカーの広報を経て、個人活動のコスプレイヤーとして名を馳せていた頃。ちょうどコスパの公式コスプレイヤーも任されていたため、小池さんはコスパを通じて月宮さんとコンタクトを取った。
しかし芸能活動に抵抗があった月宮さんは、小池さんにユニットの結成を持ちかけられても、なかなか首を縦に振らなかったという。

「彼女は音楽にまったく興味がありませんでしたね(笑)。でもこちらで楽曲を作り、その歌詞を書かせてみたら想像以上に凄くて。そこはまったく予想外で驚きました。

たとえば、曲を渡して月宮は1日か2日でポンと出てくる。しかもやっつけではなく、きちんと自分の『表現』ができていました。

はじめは声だけで選んだ部分がありました。でも作詞の才能もあって彼女を見る目が変わり、それで改めてちゃんとユニットとしてやっていきたいと思ったんです」

ULTRA-PRISMのプロデューサーでもある小池さんは、月宮さんに絶大な信頼を寄せている。
衣装はすべて月宮さんのお手製とのことで、小池さんが身に着けているケモ耳帽子も月宮さんによるものだ。
さらに「萌でんぱ少年」でも、当初は難色を示していた小池さんを説得するなど、小池さんの傍らで萌え文化を支えている。

「UNDER17の復活に関しては、かねてから望む声があったのは知っていました。
でも今の僕は『ULTRA-PRISMの小池雅也』です。
ここで新しい音楽を作っているので、あまり過去の栄光に引っ張られたくないという気持ちがありました。

今回のイベントも『萌えソングの系譜を歴史に刻む』という目的のもと参加しています。
安易に昔を懐かしんでワッと盛り上がるだけなら断っていましたが、ちゃんと萌え文化を歴史に刻めるのなら有意義だなと。

ですから今回のイベントではUNDER17としてステージに立ちますが、普段の小池雅也はあくまでULTRA-PRISMの小池雅也です」



→次のページ:「UNDER17の思い出」
《気賀沢 昌志》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集