16年ぶり復活…伝説の萌えソングユニット「UNDER17」がオタク文化に残した功績 桃井はるこ【インタビュー】 5ページ目 | アニメ!アニメ!

16年ぶり復活…伝説の萌えソングユニット「UNDER17」がオタク文化に残した功績 桃井はるこ【インタビュー】

2002年から2004年までの、わずか2年間の活動期間にも関わらず、今なおオタクの間やエンタメ業界で語り継がれる存在「UNDER17」。声優でシンガーソングライターの桃井はるこさんに、「電波ソング」というジャンルを確立させた当時を振り返っていただいた。

インタビュー
16年ぶり復活…伝説の萌えソングユニット「UNDER17」がオタク文化に残した功績 桃井はるこ【インタビュー】
  • 16年ぶり復活…伝説の萌えソングユニット「UNDER17」がオタク文化に残した功績 桃井はるこ【インタビュー】
  • 16年ぶり復活…伝説の萌えソングユニット「UNDER17」がオタク文化に残した功績 桃井はるこ【インタビュー】
  • 16年ぶり復活…伝説の萌えソングユニット「UNDER17」がオタク文化に残した功績 桃井はるこ【インタビュー】
  • 16年ぶり復活…伝説の萌えソングユニット「UNDER17」がオタク文化に残した功績 桃井はるこ【インタビュー】
  • 16年ぶり復活…伝説の萌えソングユニット「UNDER17」がオタク文化に残した功績 桃井はるこ【インタビュー】
  • 16年ぶり復活…伝説の萌えソングユニット「UNDER17」がオタク文化に残した功績 桃井はるこ【インタビュー】
  • 16年ぶり復活…伝説の萌えソングユニット「UNDER17」がオタク文化に残した功績 桃井はるこ【インタビュー】
  • 16年ぶり復活…伝説の萌えソングユニット「UNDER17」がオタク文化に残した功績 桃井はるこ【インタビュー】

■伝説、復活!


「UNDER17として最後にリリースしたベストアルバムに『そして伝説へ……』というタイトルをつけたのですが、これは『皆さんがずっと聴いていてくれれば、私たちは解散しても音楽の中でUNDER17であり続けられる』という想いを込めています。
ですから2枚組の2枚目には、歌い継げるよう、無理を言ってカラオケを入れてもらいました」


願いを込めてリリースしたアルバムは愛され続け、次世代のエンタメを担う人たちにも届いた。
まさに「伝説」が実現したのである。

「今度、『萌でんぱ少年』というイベントでUNDER17が復活します。
望まれて復活できるのは本当にありがたいことです。
たぶん、当時を知る人の方が少ないと思います。私も久しぶりに小池さんと組むのでどうなるか分かりませんが、『これがアンセブか』と思っていただければ(笑)。

私も2002年当時の気持ちでやろうと思っています。いらっしゃる皆さんも、萌えとかオタクが市民権を得ない秋葉原の、まだ秋葉原デパートやメッセサンオーやロケットがあって、店員さんたちがエアコンのチラシを配っている、その頃に戻ったような気持ちになってもらえたらいいですね」

UNDER17解散の地が横浜BLITZで、『萌でんぱ少年』が開催される場所が「KT Zepp Yokohama」という、運命的に近い距離で開催される本イベント。桃井さんも「場所が近いのも不思議な話ですし、復活するなら今だったんでしょうね」と、その「気づき」を我々に教えてくれた。

「昔は毎月のように救急車で運ばれていたり、ライブの次の日は声が出なくなってラジオ出演が難しくなったりしたことがありました。
でも今はすっかり元気になりましたよ。

そのパフォーマンスを会場でお見せします。
本物のUNDER17ですよ!!」


最後に小池さんへのメッセージを預かった。

「UNDER17時代で一番好きな楽曲は、私は……うーん……ひとつ選ぶのは難しいですけど、やっぱり『天罰!エンジェルラビィ』かな。
今って一曲が長いですけど、あのサイズ感がいいと思います。
小池さんはUNDER17の曲で何が一番好きですか?」

その答えは、「小池アニキが秋葉原の「伝説」を語る!
「UNDER17」復活!! 【独占インタビュー(後編) 】へ続く!


▼新型肺炎による開催日変更に伴い、桃井さんよりメッセージを頂戴しました。


    こんにちは、桃井はるこです。

    UNDER17として「萌でんぱ少年」に出演すると発表があってから、ファンのみなさまより大きな驚きと喜びのお声をいただいていました。スタッフの方も準備を進めてくださっていましたが、苦渋の決断により延期となりました。すごく楽しみにしていただいていたのに、ごめんなさい。

    しかし、開催される際には最高のライブにしたいと、決意を新たにしております。それは他の出演者のみなさんも同じ気持ちだと思います。

    わたしも大変はりきっており、久々にアンセブらしい衣装も既に用意しておりました。来てくださるみなさまもチケットを手にわくわくしていてくださいましたよね。さらにお待たせしてしまい申し訳ないですが、新たな日程が発表されるのをお待ちくださいね。

    「萌でんぱ少年」のステージで笑顔でお会いできることを願っております。

    最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

    令和2年3月 桃井はるこ


■プロフィール


桃井はるこ(ももい はるこ)/12月14日生まれ。東京都出身。射手座。O型。ライト・ゲージ所属。

1996年より活動を開始。1997年には秋葉原の路上でゲリラライブをしてメディアに注目される。メジャーデビューは2000年リリースのシングル「Mail me」。以後、声優・シンガーソングライター・ラジオパーソナリティー・作家・MC・アイドルプロデューサーなど多方面で活躍。アニメ・マンガ・レトロゲーム・映画・ラジオ・ミニ四駆・80年代アイドルソング・競馬・野球観戦(東京ヤクルトスワローズ)など幅広い趣味を持つ

Twitter
https://twitter.com/momoiktkr?lang=ja

公式サイト 
http://rg-music.com/momoi/

<discography(おもなタイアップ曲)>
・「それいゆ -Dear Destiny-」(TVアニメ『ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル』)作詞、作曲、歌
・「起・承・転・結・序・破・急」(TVアニメ『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』)作詞
・「HELP ME!みゅーちゃん!」(楽曲提供:高木美佑)作詞、作曲
・「Animetic Love Letter」(TVアニメ『SHIROBAKO』)作詞、作曲
・「げんし、女子は、たいようだった。」(TVアニメ『げんしけん 二代目』)作詞、作曲
・舞台版『弱虫ペダル』劇中歌『恋のヒメヒメ☆ぺったんこ』『ヒメのくるくる片思い』作詞(共作)、作曲、歌唱
・「非公認戦隊アキバレンジャー」(特撮番組『非公認戦隊アキバレンジャー』)作詞、作曲
・「Rolling! Rolling!」(TVアニメ『ロウきゅーぶ!』)作詞、作曲
・「Romantic summer」(TVアニメ『瀬戸の花嫁』)作詞、作曲、編曲
・「アキハバラブ」(楽曲提供:ぱふゅーむ)作詞、作曲
・「愛のメディスン」(TVアニメ『ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて』)作詞、作曲、歌
……など

■イベント情報


【タイトル】
 ススメ★萌でんぱ少年!!大復活祭2020!! ~過ぎさりし萌をもとめて~

【日程】※新型肺炎の影響により、3月開催から7月開催に変更になりました。
振替開催日:2020年7月22日(水)
開場:17:30
開演:18:30
※振替公演の開演・開場時間に変更がございますのでご確認ください。
(開場・開演が30分早くなっております。)

【会場】
 KT Zepp Yokohama

【料金】
※開催日変更にともなうチケット払い戻し、または販売状況等は公式サイトをご確認ください。

【出演】
 UNDER17、Little Non.、ULTRA-PRISM、でんぱ組.inc
 スペシャルゲスト:橋本みゆき

【一般発売日】
一般発売:2020/2/22(土) 10:00より各プレイガイドにて発売スタート
プレイガイド:チケットぴあ / ローソンチケット / イープラス

【注意事項】
 ※3歳以上有料
 ※車椅子エリアは会場の都合により見えづらい場所がございます。予め、ご了承ください。
 ※営業目的の転売禁止 ※転売チケットの入場不可
 ※オークション等への出品禁止 ※会場内での迷惑行為禁止

「ススメ★萌でんぱ少年!!大復活祭2020!! ~過ぎさりし萌をもとめて~」イベント特設サイト
https://highwaystar.co.jp/moedempa2020/
《気賀沢昌志》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース