「ULTRAMAN」木村良平&諸星すみれ&津田健次郎が明かすアフレコ秘話、お気に入りシーンは?【レポート】 | アニメ!アニメ!

「ULTRAMAN」木村良平&諸星すみれ&津田健次郎が明かすアフレコ秘話、お気に入りシーンは?【レポート】

2019年12月14日(土)、15日(日)にわたり東京ドームシティにて開催された円谷プロダクションの祭典『TSUBURAYA CONVENTION 2019』。一日目にはアニメ『ULTRAMAN』スペシャルステージが実施された。

イベント・レポート
『TSUBURAYA CONVENTION 2019』「ULTRAMAN」スペシャルステージの模様
  • 『TSUBURAYA CONVENTION 2019』「ULTRAMAN」スペシャルステージの模様
  • 『TSUBURAYA CONVENTION 2019』「ULTRAMAN」スペシャルステージの模様
  • 『TSUBURAYA CONVENTION 2019』「ULTRAMAN」スペシャルステージの模様
  • 『TSUBURAYA CONVENTION 2019』「ULTRAMAN」スペシャルステージの模様
  • 『TSUBURAYA CONVENTION 2019』「ULTRAMAN」スペシャルステージの模様
  • 『TSUBURAYA CONVENTION 2019』「ULTRAMAN」スペシャルステージの模様
  • 『TSUBURAYA CONVENTION 2019』「ULTRAMAN」スペシャルステージの模様
  • 『TSUBURAYA CONVENTION 2019』「ULTRAMAN」スペシャルステージの模様
2019年12月14日・15日、2日間にわたり東京ドームシティにて開催された円谷プロダクションの祭典「TSUBURAYA CONVENTION 2019」。1日目に行われたアニメ『ULTRAMAN』スペシャルステージには声優の木村良平、諸星すみれ、津田健次郎が登壇し、Netflixで配信されたシーズン1の名場面を振り返った。

原作は清水栄一と下口智裕による同名マンガ。2019年4月よりNetflixにて全13話が配信され、2020年4月からは地上波でオンエアされることが決定している。

大勢のファンが詰めかけた熱気の中、キャスト3人が登場。早田進次郎役の木村は「モーションコミックから演じてきた大切な作品なのでアニメ化、地上波と展開が続いていく期間を一緒に過ごせて嬉しい」と目を細めた。


【画像クリックでフォトギャラリーへ】
アフレコ現場のエピソードについて、佐山レナ役の諸星は学業との兼ね合いで単独での収録が多く「唯一参加できたのがレナのライブ回。ほかのキャストの方がガヤで歓声や熱いコールを演じてくれて本物のライブ会場みたいでした」と笑顔を見せた。


【画像クリックでフォトギャラリーへ】
作中で披露された『星の欠片』のリリースも発表され、「歌っていて楽しいですしカッコいい曲。いっぱい聞いてください!」とPRした。

アダド役の津田は「登場したのは2話とちょっとなのに、まさかイベントに呼んでいただけるとは……」と会場の笑いを誘いつつ、演じたアダドについて「本心では何を考えているかわからない道化的なキャラ。自由に演じさせてもらい、手放しで楽しめた」と語った。


【画像クリックでフォトギャラリーへ】
作中の名シーンとしてULTRAMANとSEVEN、アダドのアクションシーンが挙げられると津田が「アダドがジャンプで攻撃を回避するとき、いちいちカッコつけるのが好き」と語り、これに対し木村が「わかる! 一見、無駄に思える動作こそが必要なんだよ!」と盛り上がる場面も。


【画像クリックでフォトギャラリーへ】
進次郎とレナの甘酸っぱいラストシーンについては、「レナに“早田くん”と呼ばれることで父が早田(進)隊員なんだと改めて自覚した」と木村。すかさず諸星がレナとして「早田くん」と呼びかけるなど、絶妙なコンビネーションを見せた。

作品にまつわるクイズコーナーでは、マニアックな問題に対し木村が「実写作品にも詳しい“ファンめぐみ”にも聞きたいですね」とウルトラマンシリーズの大ファンである潘めぐみ(北斗星司/ACE役)に思いを馳せると、客席から本人がサプライズ登場。


【画像クリックでフォトギャラリーへ】
観客として同イベントのオープニングセレモニーから参加していたが、ここで急遽ゲストとして登壇することに。「厄介なファンですみません……」と恐縮しつつ、クイズに対して的確なヒントを与える役割を全うしていた。

イベントには参加できなかった関係者からはビデオレターが寄せられた。Netflix配信に続き、地上波放送でも主題歌を担当する音楽ユニット・OLDCODEXからは「世界に向けてチャレンジしている作品だと感じたので、日本のアニメ主題歌としては挑戦的な曲調になっている」(Ta_2)、「いったん力を抜いてみようとはしたものの、やっぱりウルトラマンは子供の頃から大好きすぎて……温度の高い作品を期待してください」(YORKE.)と、制作中の楽曲に込めた思いをこぼした。

諸星弾役の江口拓也からもメッセージが到着。オリジナル実写短編PVやSEVENスーツ製作の報を喜びつつ、「良平さんが(ULTRAMANスーツを)着ているじゃないですか。僕はどうなるんでしょうかね!?」と着用への願望と期待をにじませた。

メディア向けのフォトセッションにはULTRAMANスーツ、SEVENスーツがサプライズ登場。会場からは大歓声が上がり、壇上の木村と客席に戻っていた潘は雄姿を収めようと思わずスマホを取り出していた。


【画像クリックでフォトギャラリーへ】
地上波放送、シーズン2製作など今後もさまざまな展開を見せる同作。
木村は「Netflixで1期の最終話を届けてから時間が経っているにも関わらず、こうしてイベントでみなさんに来ていただけるのは幸せなこと。引き続き、原作も併せて『ULTRAMAN』を一緒に楽しんでいけたら」と呼びかけた。


【画像クリックでフォトギャラリーへ】
最後は同作イベントでは恒例となった「俺たちが、ウルトラマンだ」のコールアンドレスポンスで締めくくった。
イベント後にはULTRAMANスーツ、SEVENスーツとのハイタッチ見送り会も行われ、参加者は瞳を輝かせながら触れ合っていた。


【画像クリックでフォトギャラリーへ】
《潮田茗》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集