天月-あまつき-「コルボッコロ」主題歌「アイビー」は世界を後押しする曲。歌い方指南も【インタビュー】 | アニメ!アニメ!

天月-あまつき-「コルボッコロ」主題歌「アイビー」は世界を後押しする曲。歌い方指南も【インタビュー】

11月29日より公開される劇場映画『コルボッコロ』で主題歌を務める天月-あまつき-さん。同時上映の『サンタ・カンパニー』ではイケメン天使役も担当しています。今回は天月さんを直撃し、主題歌の制作秘話やクリスマスにまつわるエピソードなどを伺いました。

インタビュー
天月
  • 天月
  • 『サンタ・カンパニー』(C)KENJI STUDIO
  • 『サンタ・カンパニー』(C)KENJI STUDIO
  • 『サンタ・カンパニー』(C)KENJI STUDIO
  • 『サンタ・カンパニー』(C)KENJI STUDIO
  • 『サンタ・カンパニー』(C)KENJI STUDIO
  • 『サンタ・カンパニー』(C)KENJI STUDIO
  • 『サンタ・カンパニー』(C)KENJI STUDIO
11月29日より公開された劇場映画『コルボッコロ』。主題歌には天月-あまつき-(以下、天月)さんが本作のために書き下ろした「アイビー」が起用されています。
さらに同時上映の『サンタ・カンパニー』ではイケメン天使役を担当。音楽面でも演技面でも、その才能を発揮しています。

本稿では試写会直後の天月さんを直撃し、主題歌の制作秘話やクリスマスにまつわるエピソードなどを伺いました。ファンには嬉しい「アイビー」歌い方指南も!

■世界が開いていくような曲にしたかった


――先ほど『コルボッコロ』の試写がありました。天月さんも完成した映像を見るのは初めてとうかがいました。

天月:はい。僕自身、曲と映像を同時に見るのは初めてで。ラストで「アイビー」が流れたときに「この曲を作ってよかったなあ」と思いました。

――曲調はバラードかと思いきや、サビにかけて疾走感が生まれる意外性があります。曲の構成は監督から要望があったのでしょうか?

天月:いくつかキーワードやイメージの楽曲をいただいた中で自分で「こういう構成にしよう」と決めて作りました。劇場で聴く曲だったので、サビにかけて世界が開けていくような構成にしたかったんです。

――Bメロには合唱パートもあり、世界の広がりが伝わってきました。

天月:世界観の後押しや、勢いづいていく感じを出したくて。演奏や合唱はバンドメンバーと集まってスタジオで録りました。

『コルボッコロ』(C)KENJI STUDIO
――歌詞の中には、「神様」や「空」など作品の世界観を思わせる言葉が散りばめられています。これは意識して入れようと思ったのでしょうか。

天月:曲を作る前に今回の劇場版のもととなった『コルボッコロ』のOVAを見させていただいたので、作品のテーマは最初からわかっていました。
そのうえで自分の中で決まっていたイメージを含めて書いてみたら、結果的にリンクしていて。「要所要所でリンクしてよかったなあ」と思います。

――「アイビー」を歌うとき、とくに心がけた部分はありますか?

天月:緩急のある曲だったので、Aメロで優しさを出そうと意識しました。
あとはサビで語尾を伸ばす部分があるので、そこは歌い切る力強さを出そうと。気持ちとしては、サビで力を使い切っちゃいますね。あ、実際には使い切らないようにしますよ(笑)。

――『コルボッコロ』を意識して、曲に盛り込もうと思ったテーマはありますか?

天月:信じる気持ちや誠実さを、曲にも入れたいと思いました。この作品は未来を自分で切り開いていく物語だと思うので。周りから何を言われても貫きたい思いがある。そんなテーマが伝わる曲を作ろうと思いました。

タイトルの「アイビー」は花の名前で、花言葉に「誠実」、「不滅」という意味もあるんです。この2点は曲を作るときにもすごく意識しましたね。

『サンタ・カンパニー』(C)KENJI STUDIO
――歌詞の中で、とくに気に入っているフレーズを教えていただけますか?

天月:うーん……自分で読み上げるのは恥ずかしいですね(笑)。
僕は基本的に、曲はサビで言いたいことを言って、AメロBメロなどで肉付けをしていくものだと思っていて。

自分に秀でたものがなくとも、それでもこの気持ちは止められない。そこをサビで描きたかったので、サビ後半にかけての勢いは気に入っていますね。
たとえば「空が飛べなくたって 魔法が使えなくたって」は空想的なフレーズかもしれませんが、人間が前に進んでいく原動力となる気持ちは、ファンタジーでも現実でも変わりはありません。

――いつも歌詞はサビから作っているのでしょうか。

天月:曲によりますね。サビから作る曲もありますが、今回の「アイビー」はAメロ、サビ、Bメロの順に作っていきました。

■「アイビー」歌い方のコツは?


――「アイビー」を歌ってみたいファンに向けて、歌うときのコツを教えていただけますか?

天月:僕の曲って全部難しいんですよね(笑)。作っていても難しいと思うし。リズムはもちろん、キーも普通の男性が歌うには高いと思います。

「アイビー」に関しては、Aメロは静かな曲調なので、歌詞を音に乗せることを意識して、各フレーズをきれいに歌ってもらえたらと思います。
Bメロからは音もリズムも上がっていくので、勢いをつけて。でもまだサビが待っているので、やりすぎないようにするといいと思います。サビでフルスロットルをかけられるように、体力を残しておいてください。

『コルボッコロ』(C)KENJI STUDIO
――ありがとうございます! カラオケで歌うときに意識してみます。天月さん自身「歌ってみた」動画の投稿をされており、カバーも積極的にされていますね。どんな基準で曲を選んでいるのでしょうか?

天月:好きな曲ですね。ボカロもJPOPも大好きで、人気曲のランキングをずっと見ています。

――今後歌ってみたい曲はありますか?

天月:うーん。その時々で、「あ、この曲いいな」と思ったものをすぐ歌っちゃうので……。次にどんな曲を歌うかは、実はあまり考えていないです。


→次のページ:やりたい仕事は曲が思い浮かぶ
《ハシビロコ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集